折原一の
沈黙の部屋


春口光義「誕生の裏側」(F10)
妊婦の腹が頭蓋骨になっている。騙し絵。

折原一の部屋にようこそ!

 ここは、ミステリ作家・折原一個人の運営する公式ホームページです。

⇒⇒(10月15日)

折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。

電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
Sony Reader Store電子文庫パブリGALAPAGOS STOREhonto など。

頭蓋骨の裏側(DIARY)
あるミステリ作家の日常(10月14日更新)

過去の日記(2004年3月〜2018年9月)


「メメント・モリ(死を想え)」(SM)
三輪修(白日会/1958〜)

最近の仕事

『ポストカプセル』
(光文社)
(18年6月19日)
『猿島館の殺人』
(光文社文庫/新装版)
(18年7月11日)
『鬼面村の殺人』
(光文社文庫/新装版)
(18年5月9日)
『双生児』
(早川書房)
(17年10月19日)

『侵入者』
(文春文庫)
(17年9月5日発売)

作品リスト

自選ベスト

『異人たちの館』
(文春文庫)
『冤罪者』
(文春文庫)
『誘拐者』
(文春文庫)
『暗闇の教室』
(ハヤカワ文庫)
『グランドマンション』
(光文社文庫)
文春文庫版
(改訂版)でぜひ。
(注1)
折原版
ロードノベル。

ロバート・マキャモンの『マイン』を意識
キング『IT』『スタンド・バイ・ミー』へのオマージュ(注2)
個人的に偏愛する作品

  (注1)『異人たちの館』は文春文庫、もしくは講談社文庫で読んでいただきたい。
新潮文庫は直しが不充分につき。

(注2)『暗闇の教室』の構成はキングの『IT』を意識。上下巻とも
「百物語」を意識して100にパート割りされている。
個人的に偏愛している作品である。ミステリ・ファンの評価は低いけれど、(笑)
スティーヴン・キングの某熱烈ファン(評論家)にほめていただいた。


⇒⇒翻訳作品リスト(中国・台湾・韓国)

折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon
電子書籍amazonkindle
楽天kobo

骸骨の部屋

大川心平「スカル」(水彩/F0)

メメント・モリ(死を想え)
---折原一骸骨絵コレクション展---

会期 2011年5月16日(月)〜21日(土)
会場 文藝春秋画廊 ザ・セラー(地下室)
(中央区銀座5−5−12

*好評のうちに(?)終了。ありがとうございました。

折原一骸骨絵コレクション展・日記

石田黙の部屋
石田黙作品・求む

石田黙展盛況のうちに終了!!!
 (2007年6月、銀座・文藝春秋画廊にて開催)

石田黙展、奇跡の6日間(2007年6月25〜30日)

『黙の部屋』
文春文庫・880円
中身・立ち読み
「黙の部屋」で続編『黙の黙示録』
(仮題)の構想を練る私

石田黙・日記
2002年(9〜12月)工事中
2003年(1〜12月)工事中
2004年(1〜12月)

2005年(1〜12月)
2006年(1〜12月)
2007年(1月〜石田黙展まで)

石田黙展、奇跡の6日間(2007年6月25〜30日)

石田黙展・概要(↑写真をクリック)
2007年(7〜12月)
2008年(1〜12月)
2009年(1〜12月)
2010年(1〜12月)
2011年(1〜12月)


共立女子中学高等学校 収蔵作品展
(2008年6月9日〜10月31日)
二科展(1970年)特選作品「白い静物」展示


「石田黙のある部屋」
NHK総合テレビ 2009年5月13日(水)深夜0時10分〜39分
4月1日(水)深夜0:10〜0:39[2日(木)午前0:10〜]第一回「DMがいっぱい」著作 辻真先


●●石田黙作品を所蔵されている方は、
下記へ連絡をいただければ幸いです。
石田黙作品・求む

『黙の部屋』を出版した文藝春秋気付、折原宛に連絡をください。
(〒102-8008)東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋第二文藝部気付 折原一)
*これまでに10点の申し出があり、私のコレクションに加わりました。

プロフィール

亀井徹「なぐさみ」
(油彩・ボードに麻布/2012/М8)


沈黙する音楽
私の愛する「埋もれたロマン派」

Aランク(80〜100点)★★★★以上(公開中!!)
Bランク(65〜80点)★★★以上(公開中!!)


Hyperionの「ロマン派ピアノ協奏曲」シリーズ(左3列)
忘れられた協奏曲の宝庫。意外にも名曲が多い(洋室C)

沈黙の扉(リンク)
私がよく訪れるサイト

松永瑠利子「頭蓋骨」
(油彩・木製パネル/2013/F6)

⇒⇒



(since 2004/03/10)