頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (11月3日)
   


● 『ポストカプセル』発売中!


 『ポストカプセル』(光文社/1836円)、発売中。


 昔、つくば科学万博で「ポストカプセル郵便」という企画があった。
 専用のポストに入れると手紙が15年後に届けられるというものだ。
 もしラブレター、遺書、脅迫状、文学賞の受賞通知などが間違って入れられたら……。













●10月29日(月)

 メメント・モリ展などでしばらく仕事を離れていたので、勘がもどらないが、とりあえず来ているゲラを片づけることにする。
 来年2月刊の文庫、1月発売の2次文庫など。


●10月28日(日) 幕末狩野派展

 静岡県立美術館の幕末狩野派展。今日が最終日なので、日帰りで静岡へ。
 静岡からJRで草薙駅、そこからバス。

 美術展であまり見かけない江戸後期の狩野派。狩野栄信(1775-1828)、養信父子などを中心とした前半。
 京狩野派の狩野永岳、復古大和派の冷泉為恭、江戸狩野派の狩野一信「五百羅漢図」などを経て狩野芳崖、橋本雅邦で締める後半。
 充実の展示。静岡だけで終わってしまうのがもったいない。


●10月26日(金) 横山華山展〜鮎川哲也賞贈呈式

 東京ステーションギャラリーの横山華山展の後期展示を見る。
 
 内田太郎展(飯田美術)を見てから、鮎川哲也賞贈賞式。飯田橋のエドモントホテルで。
 年々、話す人が少なくなる。世代交代ですね。デビュー当時の編集者はすでにいなくなっている。
 


●10月23日(火) 落札した石田黙作品が届く

 ネットオークションで落札した石田黙の6号作品が届く。
 もう少し早く出ていれば、石田黙展に出せたのに、残念。
 1973年の作品なので、額ががたがた。いつものように、新しい額に替えなくてはならない。


●10月22日(月) 画廊から絵がもどってくる

 お昼少し前にヴァニラ画廊の画廊主とスタッフ女性2名が約80点の出展作品を持ってくる。
 かなりの量だが、石田黙の60号と50号を整理すると、あとは意外に楽に進む。
 2〜3時間で、整理がほぼ終わる。
 しかし、汗びっしょりになる。


●10月21日(日) メメント・モリ展が終わる

 ヴァニラ画廊の最終日。さすがに朝から入場者が多い。
 12時30分に画廊に入る。駆け込みで来る多数。

 17時ちょうどに終了し、画廊のスタッフによる片づけが始まる。
 私は髑髏杯、カパーラなど3個を包み、持ち帰る。
 チラシの余りや参考資料も一緒に詰めたので、かなりの量になる。

 終わったら感傷的な気分になるかと思ったが、そうでもなく、すがすがしい気分。ちょっと意外。


●10月20日(土) 石田黙の絵がネットオークションに

 さすがに残り2日になると、入場者が増える。
 一か月定期を買ったが、すでに元はとれている。15日乗れば、とんとん。

 ネットオークションに、石田黙の6号作品が出ている。
 前にべらぼうな額で出ていたのが、ほぼ半額まで落ちているので、入札する。


●10月19日(金)

 
キャラリーNICHE (銀座3丁目)の大川心平展をのぞいてから、ヴァニラ画廊に入る。
 今日は幽霊画の岡本東子さんが来廊。
 


●10月17日(水) 岡本東子の幽霊画


 
入場者数を増やすため、再び岡本東子の幽霊画をツイート。
 案の定、リツイート数が伸びる。



岡本東子「暗がり」(F6/日本画)
 画家が幼い頃、京都の祖母宅で見た幽霊を思い出しながら描いたもの。
 和服が大正ロマン。











●10月15日(月

 
ヴァニラ画廊にずっと通いつづけてきたので、今日は休む。
 かといって、仕事をする気もせず、読書。


●10月14日(日)

 13時にヴァニラ画廊に入る。
 さすがに立っていることは苦にならなくなったが、疲れが溜まってくる。
 若い来場者が多い。カップルも。

 竹内涼真似の若い男性が迷った末に、ケルトドクロ(メタル)を購入するのを目撃。

 会期のほぼ半分をすぎる。


●10月13日(土)

 ホテルをチェックアウトして、そのままヴァニラ画廊へ。12時から詰める。
 同業者の真保裕一氏と奥さんが来場。黙の部屋で最近の出版事情について。
 今日は画家さんが多かった。

 新津が用をすませて画廊に合流。
 白岡駅近くにできたイタリアンで食事。


●10月12日(金) 諏訪敦氏の感想

 
今日は新津きよみと13時すぎからヴァニラ画廊に。
 画家の諏訪敦氏が来て、印象に残った作品を2点挙げる。
 ジョン・ウェイン・ゲイシーのピエロ画と飛鳥部勝則氏の骸骨絵。うーん、意外。

←ジョン・ウェイン・ゲイシーのピエロ画



 「魔天楼」の三枝久人氏と初対面。



 今日は家族3人で新橋の第一ホテルに泊まる。明日もあることだし。








 


●10月11日(木) ケロッピー前田氏の紹介文

 初日にケロッピー前田氏に取材を受けたが、原稿ができてきた。かなり詳細な案内。
 「推理作家・折原一氏の骸骨だらけの仕事部屋を完全再現」


●10月9日(火) 朝日新聞夕刊にインタビュー記事

 5日から8日まで画廊に出ていたので、今日は休み。
 朝日新聞の夕刊美術欄に「メメント・モリ展」のインタビュー記事が載る。


●10月8日(月) 岡本東子の幽霊画に関して

 祝日なので、13時からヴァニラ画廊に詰める。
 岡本東子に関するツイートに対するリツイートと「いいね」の数が信じられないくらいになる。


10月7日(日) 石田黙夫人、来る

 石田黙夫人が知人と一緒に来る。
 画廊は地下2階だが、エレベーターがない。高齢なのでおんぶしなくてはならないと準備をしていたが、本人は階段を手すりを伝って下りてきた。
 90歳だが、元気元気。
 黙の作品を見て満足し、階段をゆっくり上って帰る。

 ↓「黙の部屋」(ヴァニラ画廊B室)


 岡本東子の幽霊画に関するツイートにすごい反応。どうなってしまったんだろう。
 ツイートを見てくる人もちらほら。
 


●10月6日(土)

 最初の土曜。雨降りだったが、客の入りはまあまあ。
 相変わらず、岡本東子に関するツイートにリツイートの嵐。
 


●10月5日(金)

 
知人2人が画廊の後に飲みに行こうということで、画廊に16時に入る。
 週末だが、画廊はやや閑散。
 19時にニュー新橋ビルの居酒屋で飲む。
 帰り、久喜まで乗りすごす。

 ツイッターで岡本東子の幽霊画を取り上げると、驚くほどの「リツイート」と「いいね」。
 こんなことは今までなかった。びっくり。


●10月3日(水) メメント・モリ展初日

 大島哲以、玉川麻衣などの作品を追加で補充するため、大きな袋に詰めてヴァニラ画廊へ。
 正午、ついにメメント・モリ展の開幕。
 一番乗りは、立命館大学ミステリー研究会の人。内定式のために上京したとのこと。
 ケロッピー前田氏の取材を受けた後、朝日新聞文化部の取材。こっちは来週火曜の夕刊に載るらしい。
 美術評論家の山下裕二氏、美術雑誌の編集者。
 出品作家は、丸岡和吾さんが来る。

 18時すぎに編集者と打ち合わせした後、知人2人と新橋で飲む。
 ウィークデーということもあって、わりとゆったりとした1日。
 


●10月2日(火) 快慶と定慶のみほとけ

 東博の「京都大報恩寺 快慶と定慶のみほとけ」初日。
 平成館の2階、半分の展示。
 京都の宝物館では、味も素っ気もない展示だったが、さすが今回は配置も照明もすばらしい。
 快慶の十大弟子、定慶の六観音菩薩像。行快の釈迦如来坐像。
 後期ももう一度行かなくてはならない。

 ヴァニラ画廊に寄って、明日からの展示の打ち合わせなど。
 準備がやや遅れ気味。


●10月1日(月)

 
午後、ヴァニラ画廊にコレクション展の様子を見てくる。
 前日が台風だったので、搬入ができず、少し遅れ気味。


●9月30日(日) コレクション展のパンフレットが届く

 メメント・モリ展&石田黙展のパンフレットができる。

 全8ページ。















●9月25日(火) 絵の運び出し

 
ヴァニラ画廊のスタッフが展示会に出品する絵を運び出す。
 メメント・モリ展60展、石田黙19展。
 大きいのは、石田黙のF60とS50、F50、F40など。
 雨が降っているが、弱い雨だったので運びだし強行。
 


●9月20日(木)

 コレクション展の案内状を書く。
 過去のコレクションの名簿を参照しながら。


●9月18日(火) 作品の梱包

 作品の運びだしが来週の火曜日に決まったので、そろそろ絵の梱包を始める。
 メメントモリ関係が50点、石田黙が20点。
 とりあえず30点ほど詰めるが、汗びっしょりになる。


●9月17日(月) 宛名書き

 メメント・モリ展のチラシを封筒に入れ、宛名書き。
 チラシを三つ折りにするのがむずかしい。
 チラシはあまりないので、100通ほどの予定。


9月16日(日) 美術館めぐり

 今日は久々に美術館めぐり。
 二科展(国立新美術館)、ミーハー的に工藤静香の絵とか若月佑美のデザインも見る。
 六本木1丁目で降りて、狩野芳崖と四天王(泉屋博古館分館)
 六本木から京橋に出て、加島美術の渡辺省亭展。画廊が頑張っている。
 有楽町から出光美術館へ。仙漉邇]。食わず嫌いだったが、実際に見ると、なかなかおもしろい。
 東京駅まで歩いて、丸善の人・形展。川上勉の少女はすばらしい。


●9月11日(火) 『黄色館の秘密』発売


 本日、『黄色館の秘密』新装版(光文社文庫)の発売。

 定価734円。

←表紙イラストは影山徹さん。














●9月9日(日)

 銀座・ヴァニラ画廊でパンフレット原稿について打ち合わせ。
 メメント・モリ展まで1か月を切る。
  


●9月6日(木)

 北海道胆振地方で地震。
 伊達市と江別市あたりに知り合いがいるので心配。


●9月5日(水) 台風の被害

 台風21号が去って、実家の具合がどうか確認すると、母屋に木が倒れかかっている。
 樹齢70年くらいのカヤの木。
 幸いガラスは割れておらず、チェーンソーと鋸で母屋から切り離す。
 処理は植木屋に頼むしかないようだ。


●8月25日(土) メメント・モリ展&石田黙展


 折原一の「メメント・モリ展」&「石田黙展」。情報が公開される。

 10月3日(水)〜21日(日)。銀座・ヴァニラ画廊。

 入場料についてはいろいろご意見があるかと思うけれど、2つ分の展示であり、かつパンフレット(私の短文2本)が付いているので、ご容赦いただきたい。


←詳細はクリック。








⇒⇒