頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (1月13日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。


●1月16日(火)

 午後、東京国立博物館、「仁和寺と御室派のみほとけ」の初日を見る。
 再現された観音堂がすごい迫力。ここだけ撮影できる。
 人が多くないので、じっくり鑑賞。

 上野から赤羽へ。赤羽で降りるのは20年ぶりか。北の改札口で知人2人と駅で待ち合わせ、16時30分から飲み始める。
 2人がのんべえなので、(効くかどうかわからないが)ウコンのちからとか、ハイチオールCで完全武装する。
 ビールのジョッキ2杯、ハイボール3杯、日本酒など。
 いつもの10倍くらいの量だが、それほど酔わずにすむ。


●1月15日(月)

 切り倒した実家の木3本を処分する。
 焼却したり、切ったり。



●『双生児』(早川書房)発売中


 10月19日(木)発売。定価1944円(税込み)。

『双生児』


←イラストは「あこ」さん











●1月13日(土) ルドルフ2世展など

 渋谷・Bunkamura ザ・ミュージアムの「ルドルフ2世と驚異の世界展」を見る。
 神聖ローマ皇帝が愛好した画家、工芸品を中心に。
 アルチンボルド1点。

 サントリーホールに行き、読響のコンサート。
 カンブルラン指揮、ブルックナー交響曲第6番など。今年の初コンサート。


●1月10日(水)

 気になっていた大きめのケヤキを伐採。直径20センチほど。樹齢30年くらいか。
 チェーンソーで切ることに慣れてきたので、あと何本か切りたいが、時間切れで断念。


●1月5日(金)

 枯れ竹を10本切る。
 毎年、タケノコを15本残し、15本の枯れ竹を切るようにしている。
 これで竹藪はまあまあきれいに保たれているのだ。
 


●1月3日(水)

 朝起きると、窓の外は一面の雪。
 道理で寒いはずだ。

 13時30分のバスで大町を離れる。18時に帰宅。


●1月2日(火) 初詣で

 ホテルから車で若一王子神社に初詣で。おみくじは大吉。
 つづいて、国宝仁科神明宮にお参り。

 昼食は、ソースかつ丼が食べたくなって、ひさしぶりに昭和軒。
 カツ重を頼んだら、かなりのボリュームで、お腹を壊してしまう。
 歳をとったら、カロリーは控えめにしなくてはならない。


●1月1日(月) 大町へ

 一昨年の大晦日、義父が亡くなり、去年の1月4日に葬儀があったので、元旦に大町に行かなかった。

 今年は13時30分の新幹線で長野へ。長野から大町経由くろよんロイヤルホテルへ直接向かう。
 家族で会食。

 さすがにこっちは寒い。


●12月29日(金) 折原一賞・補足

 念のために、前回までの折原一賞は以下のとおり。
 第1回(2012)『冬の灯台が語るとき』(ヨハン・テオリン/早川ポケミス)
 第2回(2013)『あの夏、エデン・ロードで』(グラント・ジャーキンス/新潮文庫)
 第3回(2014)『プリムローズ・レーンの男』(ジェイムズ・レナー/ハヤカワNV文庫)
 第4回(2015)『見張る男』(フィル・ホーガン/角川文庫)
 第5回(2016)『ささやかな手記』(サンドリーヌ・コレット/早川ポケミス)
 第6回(2017)『棺の女』(リサ・ガードナー/小学館文庫)

 第1回の『冬の灯台が語るとき』はその年のベスト50にも入っていなかった。


●12月27日(水) 第6回・折原一賞

 今年で6回目になる「折原一賞」は、『棺の女』(リサ・ガードナー/小学館文庫)に決定した。
 この賞は「傑作なのに見すごされ、かつベスト10にも縁がなかった翻訳ミステリ」に与えるもので、私の独断と偏見で勝手に(テキトーに)やっている。
 去年の11月から今年の10月までが対象。

 今回は、最後3点に絞った。『棺の女』(リサ・ガードナー/小学館文庫)、虎狼(モー・ヘイダー/ポケミス)、『死者の雨』(ベルナール・ミニエ/ハーパー・ブックス)。
 検討に検討を重ね(というわけでもないけれど)、誘拐&監禁小説の傑作『棺の女』に決定。
 騙されたと思って読んでみてほしい。


●12月25日(月) 今年の美術展ベスト10

 今年行った美術展のベスト。

@アルチンボルド(西洋美術館)
A北斎(あべのハルカス美術館)
B運慶(東京国立博物館)
C長沢芦雪(愛知県美術館)
D快慶(奈良国立博物館)
E海北友松(京都国立博物館)
F岡本神草(京都国立近代美術館)
G雪村(東京藝大美術館)
H川端龍子(山種美術館)
I不染鉄(東京ステーションギャラリー)
(別格)国宝(京都国立博物館)
 といったところ。

 あとミュシャ、木島櫻谷、バベル、怖い絵とか、いろいろありましたね。
 


●12月22日(金) 住所録を間違って消去

 年賀状ソフトの住所録から物故者を削除しようとした時、誤って全部消去してしまう。
 バックアップしてなかったので、青ざめる。
 仕方なく、全部やり直すことにする。
 前年の年賀状を出して、一つ一つやっていくが、郵便番号を打ち込むと、住所が自動的に出てくるので、その点だけは楽だった。
 それでも、3時間よけいな時間がかかってしまい、精神的に疲れる。
 今日の年賀状の印刷はやめる。 


●12月14日(木) 七戸優展、高幡不動など

 八王子の画廊で七戸優展をやっている。今日はご本人が在廊ということなので、行ってみる。
 新宿から京王線で高幡不動下車。
 高幡不動は行く機会がなかったので、この際、見ておく。

 高幡不動から京王線で2駅。平山城址公園下車。
 そこから歩いて15分ほど。斜面に90年代バブル期にできた立派なマンションがある。
 その5階に画廊HILLSIDE GALLERYがある。
 ここからの眺めはすばらしい。八王子方面が一望の下。
 七戸作品も大作がぜいたくな空間に飾られている。ご本人とひさしぶりに話す。


●12月9日(土) ディエゴ・リベラ展など

 横浜から六本木へ。
 ストライプスペースの玉川麻衣展。銀座に出て、画廊宮坂の山高徹展。

 北浦和の埼玉県立近代美術館の「ディエゴ・リベラの時代展」。
 メキシコの近代絵画。
 


●12月8日(金) ポーラ美術館と岡田美術館

 新白岡から熱海行きの普通列車に乗って、小田原へ。
 東京から新幹線、もしくは特急踊り子で行っても、時間的に30分くらいしか違わないので、通しで乗る。
 乗り換えの手間もなく、グリーン車なので、読書やプロット練りに時間を使える。
 所要2時間20分。

 小田原から箱根登山鉄道で、箱根湯本、強羅。
 強羅からバスでポーラ美術館へ。

 ポーラは「100点の名画でめぐる15年の旅」
 開館15周年ということで、美術館のオールスター的な作品を並べる。
 けっこう見応えがある。新設した若手作家用のコーナーで、橋爪彩展。

 ポーラ美術館からバスで小涌園そばの岡田美術館へ。
 ここはパチスロの会社がやっているらしく、資金が潤沢。コレクションはすごい。
 しかし、入館料が2800円。高すぎる。
 仁清と乾山展。

 日が暮れてきたので、日帰りはあきらめて横浜泊まり。
 山下公園そばのニューグランドが空いていたので、喫煙シングルを予約。
 禁煙が満員なので、仕方がない。
 食事は中華街で。


●12月5日(火)

 今日もチェーンソーで木を切る。
 枯れてしまった20年程度の木を2本片づける。


●12月3日(日) チェーンソーでケヤキを切る

 樹齢20年くらいのケヤキをチェーンソーで切り倒す。
 このまま放置すると、手に負えなくなるので、今のうちに処理。
 1年ほど乾かして、焼却処理の予定。
 


●12月1日(金)

 「小説宝石」に不定期連載している『ポストカプセル』の第7話のプロットを練り始める。
 あと1、2編で長編として完成させなくてはならないのだ。


⇒⇒