頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (7月14日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。


●7月14日(金) 不染鉄展

 短編が一段落ついたので、今日は仕事は休み。
 不染鉄展(東京ステーションギャラリー)を見る。
 不思議な視点の緻密な(?)日本画。
 1891年生まれって、岸田劉生と同じ。村山槐多の友人というのがちょっと意外。
 京都時代は上村上村松篁とかなり親しくしていたらしい。
 1920年代の作品がすばらしい。


●7月13日(木) 短編完成

 今月末締め切りの短編70枚、第一稿完成。
 ちょっと時間をおいて、またチェックする予定だ。
  


●7月11日(火) 

 今月末締め切りの短編、あと少し。
 『小説宝石』9月号の予定。


●7月9日(日) 足利市立美術館、「リアルのゆくえ」

 久喜から東武の特急「りょうもう」で足利へ。
 自宅から1時間弱。

 足利市立美術館の「リアル(写実)のゆくえ」
 高橋由一の「鮭」と礒江毅の「鮭--高橋由一へのオマージュ」から始まり、川村清雄、五姓田芳柳など明治期の画家たち。
 大正期、岸田劉生、河野通勢、宮脇晴など、昭和以降の高島野十郎、筧忠治、長谷川りん二郎など。
 戦後の牧野邦夫、犬塚勉、木下晋、三浦明範など、ボリュームたっぷりの展示。


●7月7日(金) 『侵入者』、予約開始

 文春文庫の9月刊行予定、『侵入者---自称小説家』、予約開始。
 →amazon


●7月3日(月) 『侵入者』から手が離れる

 『侵入者』の初校ゲラをもどす。
 次は7月末締め切りの短編70枚にかかる。
 プロット、最終練り直し。
 


●6月30日(金)

 『侵入者』のゲラ読み、一通り終わる。
 けっこう直しが出た。
 電子書籍はすでに出ているが、文庫化によって、文庫バージョンに変わる。
 


●6月28日(水)

 『侵入者』(文春文庫9月刊)の初校ゲラを読み始める。3年前に自分が書いた小説なのに、内容をかなり忘れている。
 一般読者のように「次はそういうストーリー展開なのか」とか、「うわっ、そういう手を使ったのか」とか、変に感心したり、驚いたり、呆れたり。
 同業者にも、そういう人が多いみたい。


●6月27日(火)

 『侵入者』、文春文庫・9月刊行予定。
 これ、世田谷一家殺人事件と板橋資産家夫婦殺人事件をモデルにしているが、最初の設定だけが似ていて、あとは変な方向にねじれながら進んでいく。
 出版社から届いた419ページのゲラを見て、ただ今戦意喪失中。ゲラ読みはきつい。

 
 新作の原稿を出版社に送る。
 まだ確定していないので、出版社名は秘す。


●6月24日(土)

 そういえば、先週六本木に行った時、若者のすごい行列ができていて、何だろうなあとずっと気になっていた。
 あれはブラックボックス展だったのね。


●6月23日(金)

 新作、とりあえず終わる。もう1回ざっと見て、出版社に送る予定。
 10月2出ればいいなあ。


●6月20日(火)

 気分転換に生け垣の刈り込み。午前中の仕事。


●6月19日(月)

 新作、大詰め。直しても直しても、間違いが出てくる。
 もう何回まわしたか。


●6月17日(土)

 六本木で「永遠の幻想・美の幻影展」@ ROPPONGI STRIPE'S SPACE 。
 6月 17日(土) 〜 2015年 6月 25日(日) 11:00〜19:00 (最終日17:00まで)
 芋洗い坂を下っている時、若者のすごい行列にびっくり。あれは何なんだろう。

 幻想画展で、北見隆さんのエドガー・アラン・ポーに関するオブジェ「黒猫」を購入。
 今、ポーを集めているのである。


●6月15日(木)

 今月締め切りの長編を校正中。
 直しても直しても終わらない。
 月末に出版社に送り、年内に出ればいいかな。


●6月14日(金)

 去年の11月に出した『異人たちの館』、重版決定。
 この作品は3次文庫なので、何度も何度も出ている。
 いわゆる1次文庫と違って、部数が少なく、定価も高めなので、増刷はまずないと思っていた。
 1字文庫の増刷より嬉しいかも。


●6月13日(火) シリアルキラー展U後期、始まる

 シリアルキラー展U後期(ヴァニラ画廊)が始まる。
 ジョン・ウェイン・ゲイシーを除けば、前期よりおもしろいかも。チャールズ・マンソンはまさに狂気博覧会の趣。
 アーサー・ショウクロス、ダニエル・ローリングなどの絵はナイーヴ・アート的。
 他にエド・ゲインの聖書など見どころは多い。


●6月7日(水) 科学博物館の大英自然史美術館展

 11日に終わってしまうので、東京科学博物館の大英自然史美術館展を見る。
 気になっていた「ピルトダウン人の頭蓋骨」は復元したものだった。頭蓋骨の周囲に本物(笑)の頭骨片と下顎骨。
 その他の展示もけっこう楽しめる。

 東京国立博物館に寄って、メンバーズプレミアムの会員になる。
 会費5000円で1年間常設フリー、4枚の特別展無料観覧券、その他国立博物館の割引。
 この4月で特典内容が変わってしまったが、以前のほうがよかったかもしれない

  本館2階7室、尾形光琳「風神雷神図屏風」展示中。7月2日(日)まで。


●6月4日(日)

 9月刊行予定の文庫のゲラが届く。
 470ページに呆然。新作をやらなくてはいけないのに、脱力。
 ロートル作家は、だらだらやらないと、体がきつい。


●6月3日(土)

 表参道からビリケンギャラリーの森口裕二展初日に行く。若い人がいっぱい。
 けっこう売れている。

 乃木坂に出て、サントリー美術館の玉手箱展。

 京橋のギャラリー椿を見て、小伝馬町のみうらじろうギャラリーをのぞく。


● 『異人たちの館』、発売中!



 文春文庫、11月の新刊『異人たちの館』。




 新潮文庫→講談社文庫→文春文庫。
 3次文庫である。

 定価1296円。11月10日発売。


『異人たちの館』





⇒⇒