頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (1月31日)
   


●1月31日(木) 顔真卿展

 横浜関内の中島けいきょう展(ギャラリー・SHIMIZU)。
 中島けいきょうさんは石田黙の友人。いろいろお世話になっているので、のぞいてみる。

 横浜から上野へ。
 東京国立博物館「顔真卿展」
 中国の旧正月で中国人が殺到するのではないかと思い、早めに行く。
 それでも、4割ほどは中国と台湾の人ではないか。
 書はあまりくわしくないが、けっこうお腹いっぱいになる展示。


●1月26日(土) 名古屋〜静岡の美術館めぐり

 朝早い新幹線で名古屋に10時すぎに到着。市営地下鉄で桜川下車、名古屋市博物館へ。
 1月27日終了の「月僊展」(名古屋市博物館)、ぎりぎりセーフ。月僊はへたうま画僧と侮っていたら、応挙や四条派の影響を受け、けっこううまい人だった(失礼!)。
 貴重な図録をゲット。

 名古屋から新幹線で静岡へ。時間がなくて慌ただしい。
 静岡から草薙、バスで静岡県立美術館
 これも27日が最終日の「めがねと旅する美術展」を見る。


●1月19日(土) 岩田榮吉展〜三渓園

 横浜本牧絵画館岩田榮吉展へ。フェルメールに憧れた「騙し絵」画家、岩田榮吉(1929-82)の代表的作品16点を展示。
 これはすごい。岩田作品に特化した私設美術館で、1/21(月)まで。
 騙し絵というと画家本人に怒られるかもしれないが、それ系統が好きな人はぜひ。

 歩いて近くの三渓園へ。
 ここは初めて。1時間ほどかけてぐるっとまわる。


●1月15日(火) 横田順彌さんの死

 SF作家の横田順彌さんが亡くなった。
 私が『旅』編集部にいた30数年前、横田さんに同行して清里を取材したことがある。清里の星を見ようというテーマだった。
 ハチャハチャな(?)旅で楽しかったなあ。腰の低い方だった。
 ご冥福をお祈りします。


●1月9日(水) 『模倣密室』新装版、発売



 『模倣密室』新装版(折原一/光文社文庫/950円)、1月10日発売。

 雪の中、足跡のない殺人を扱った「北斗星の密室」、『本陣殺人事件』に捧げる「本陣殺人計画---横溝正史を読んだ男」、
 島田荘司『北の夕鶴2/3の殺人』を意識した(笑)「邪な館、1/3の密室」、「モルグ街〜」に捧げる『模倣密室」など7編。


←イラスト、影山徹











●1月8日(火) 『自薦 The どんでん返し3』、本日発売

 『自薦 The どんでん返し3』(双葉文庫/660円)、1月9日(水)発売。

 どんでん返し物のアンソロジー。




 収録作は、折原一「偶然」のほか、北村薫「ざくろ」、鯨統一郎「富士参り」、長岡弘樹「ハガニアの霧」、新津きよみ「拾ったあとで」、麻耶雄嵩「九州旅行」。











●1月5日(土) 眼科で診てもらう

 久喜の眼科に行き、飛蚊症を診てもらう。
 目に瞳孔を開く薬をつけて30分待ってから診察。
 網膜剥離はなく、普通の飛蚊症だった。ひとまずほっとする。


●1月3日(木)

 午後1時半のバスで大町から長野へ。
 善光寺に寄らず、そのまま帰る。


●1月2日(水) 初詣で

 若一王子神社、仁科神明宮を車で初詣で。
 


●1月1日(火)

 今年、年女の老母を訪ねてから、信州の大町へ。
 長野までは雪は少なかったが、美麻村あたりから増えてくる。
 くろよんロイヤルホテルで会食。そのまま泊まる。
 


●12月30日(日) 第7回目の折原一賞、決定

 今年で7回目になる「折原一賞」(2018)は、『エヴァンズ家の娘』(ヘザー・ヤング/ハヤカワ・ミステリ)に決定。
 この賞は「傑作なのに見すごされ、各種ベスト10にも縁がなかった翻訳ミステリ」に与えるもので、私の独断と偏見で(テキトーに)やっている。
 去年の11月から今年の10月までが対象。

 候補作品に、『「わたしを探して』(J・S・モンロー)、『無痛の子』(リサ・ガードナー)。

 ちなみに前回までの「折原一賞」は以下のとおり。
 第1回(2012)『冬の灯台が語るとき』(ヨハン・テオリン)
 第2回(2013)『あの夏、エデン・ロードで』(グラント・ジャーキンス)
 第3回(2014)『プリムローズ・レーンの男』(ジェイムズ・レナー)
 第4回(2015)『見張る男』(フィル・ホーガン)
 第5回(2016)『ささやかな手記』(サンドリーヌ・コレット)
 第6回(2017)『棺の女』(リサ・ガードナー)

 第1回の『冬の灯台が語るとき』はその年のベスト50にも入っていなかった。


●12月29日(土) 飛蚊症?

 餃子を食べに宇都宮へ。
 往復の普通車グリーン(片道1時間)に乗り、読書。
 宇都宮に着いた時、右目に異常を感じる。黒い糸が飛ぶような感じ。
 飛蚊症になったかなと思う。
 とりあえず、餃子を食べ、そのままもどる。


●12月28日(金) 美術展をまわる

 今日は「廃墟の美術史」(松濤美術館)「フィリップス・コレクション展」(三菱一号館美術館)
「吉村芳生展」(東京ステーションギャラリー)の3つをまわる。

  吉村芳生の超絶技巧の作品群、すごい。色鉛筆の静物画大作、364点の新聞と自画像に圧倒される。
 今年の私の美術展ベスト10、追加で10位にすべりこみ。


●12月27日(木) 2018年 私の美術展ベスト10

@縄文(東京国立博物館)
Aフェルメール(上野の森美術館)
Bムンク(東京都美術館)
C百花繚乱列島(千葉市美術館)
D幕末狩野派(静岡県立美術館)
Eブリューゲル 画家の一族(東京都美術館)
F仁和寺 御室のみほとけ(東京国立博物館)
Gルドルフ2世(文化村 ザ・ミュージアム)
Hルーベンス(西洋美術館)
I池大雅(京都国立博物館)


 他に大報恩寺、藤田嗣治、リアル最大の奇抜、横山華山など。


●12月25日(火) 死の微笑

『月刊アートコレクターズ』1月号に私のエッセイが載っている。
 「死の微笑 一枚の絵をめぐる怪異」。
 日本画家、岡本東子の幽霊画「暗がり」について。


●12月13日(木) 山科理絵の幽霊画

 サントリー美術館、扇の国日本を見てから、銀座へ。

 アートもりもとに寄って、購入した山科理絵の幽霊画を引き取る。
 仕事場にもどり、岡本東子の「暗がり」と並べて飾ると、怖い。













●12月9日(日) 光悦寺〜正伝寺など

 バスで洛北へ。
 45年ぶりに光悦寺。紅葉は終わっているが、散りもみじがきれい。
 近くの源光庵で血天井を見る。悟りの窓の前で庭を鑑賞。
 常照寺を見てから、バスを綱渡りてきに乗り継いで、やはり45年ぶりに正伝寺を訪ねる。
 赤江瀑の『獣林寺妖変』のモデルとなった寺で、ここにも血天井がある。
 比叡山を借景にした庭園が見事。

 京都までバスでもどり、15時の新幹線で帰る。
 


●12月8日(土) 醍醐寺〜曼殊院〜詩仙堂など

 地下鉄&バスの1日フリーパスを買って、最初に醍醐寺へ。
 霊宝館、水晶の中の阿弥陀如来像。10日までの展示なので、慌てて見てくる。
 高さ5・5センチの超絶技巧。これはよかった。
 三宝院の後、伽藍を見ようと仁王門を入ると、両側の木がすべて切り倒されている。台風で倒れとのこと。

 醍醐から地下鉄で東山三条、バスを乗り継いで出町柳から叡電で修学院へ。
 ここから歩いて、鷺宮神社、曼殊院、円光寺、詩仙堂、金福寺をまわる。
 紅葉の時期をすぎていたが、さすがに曼殊院の庭はすばらしい。
 曼殊院と詩仙堂は45年ぶり。


●12月7日(金) 大徳寺の塔頭など

 9時30分頃の新幹線で京都へ。
 12時すぎに着いて、秋の特別拝観をしている大徳寺の塔頭に行く。
 真珠庵、新しい襖絵(北見けんいち、山賀博之、上国料勇などの襖絵)を見る。
 つづいて、信長の墓がある総見院(信長木像、信長墓)。
 興臨院、黄梅院をまわったら、日が暮れてしまった。
 紅葉のピークはすぎたけれど、どこも庭園の散りもみじが美しい。黄梅院は庭が見事。行ってよかった。

 この時期、ホテルが安い。ロイヤルパークホテル京都三条に泊まる。


●12月3日(月)

 新作の第一部に入る。
 しばらく長編を書いていないので、勘がもどらない。


⇒⇒