頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (11月12日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。



●『双生児』(早川書房)発売中


 10月19日(木)発売。定価1944円(税込み)。

『双生児』


←イラストは「あこ」さん











●11月11日(日) 長沢芦雪展〜鈴木春信展

 名古屋に1泊して、長沢芦雪展(愛知県美)と鈴木春信展(名古屋ボストン美術館)を見る。
 芦雪展はとにかく素晴らしい。無量寺の襖絵、プライスコレクションの白象黒牛図屏風再び。さすがに混んでいる。
 一方の鈴木春信展は日曜なのにがらがら。充実した展示をじっくり鑑賞する。

 15時すぎの新幹線で帰る。
 


●11月11日(土) 仁和寺〜方広寺〜東福寺

 京都文化博物館、「特別展示 木島櫻谷」を見てから、バスで仁和寺へ。
 来年、東博で開かれる御室仁和寺の秘宝展の予習を兼ねて。
 
 バスで京都駅にもどり、京博から三十三間堂、豊国神社、方広寺をまわる。
 東福寺の紅葉をみてから、京都を離れ、名古屋へ向かう。
 名古屋に1泊。40年ぶりに泊まる。


●11月10日(金) 木島櫻谷関連の展示を見る

 京都へ。
 正午すぎに京都着。バスで北野白梅町へ。
 木島櫻谷旧邸特別公開。櫻谷の住居とアトリエを見る。

 バスで銀閣寺道経由、東天王町下車。泉屋博古館の「特別展 木島櫻谷」。
 忘れられた円山四条派最後の巨匠、櫻谷の作品を見る。

 京都国立近代美術館、岡本神草の時代展。
 明治から大正にかけて京都で活動した岡本神草とその周辺の画家。

 京都国立博物館、国宝展第V期。源頼朝、平重盛などの肖像画、長谷川等伯、久蔵父子の屏風、狩野永徳、円山応挙などを中心に。
 京都に泊まる。


●11月6日(月)

 『小説宝石』に載せる短編のゲラをもどす。
 これで旅行ができる。よかった。


●11月4日(土) 影山徹展〜ナイトミュージアム

 外苑前、ギャラリーハウス「マヤ」の影山徹展最終日。
 影山さんには『沈黙の教室』『暗闇の教室』『グランドマンション』などの表紙絵を描いていただいている。
 画廊にはちょうど影山さんがおられて、ゲラのようなものを読んでいる。
 「今、たまたま折原さんの短編のゲラを読んでいるのです」
 『小説宝石』用のイラストである。
 最近の表紙絵、新聞の挿絵などを展示している。

 神保町に出て、古本まつりをのぞく。
 古本まつりに来るのは、20年ぶり、いやそれ以上かも。
 早川書房のコーナーをチェックして帰る。

 上野に出たのが夕方。金曜と土曜はナイトミュージアムで、美術館は遅くまで開いている。
 20時までの「北斎とジャポニスム」(西洋美術館)と「ゴッホ展」(東京都美術館)をまとめて見る。
 さすがに疲れた。運慶展は21時まで。
 


●11月2日(木) 短編のゲラが届く

 連休は仕事を休もうと思っていたら、短編のゲラが届く。
 連休明けに編集者の机の上に届くようにしてほしいとのこと。
 


●10月31日(火) 座間市の事件

 神奈川県座間市ですごい事件が起きた。
 小説ではなかなか考えられないような事件だ。
 自殺サイトをテーマにしたものをかつて書こうとしていたので、驚いている。
 今後の展開を注視したいと思う。
 


●10月27日(金) 鮎川賞、運慶展など

 原宿の太田記念美術館で北斎・富嶽三十六景展&葛飾応為。
 六本木の国立新美術館で公募展二つ。二紀展と独立展を見る。
 サントリー美術館の狩野元信展のW期。前回見たときと,だいぶ変わっている。

 飯田橋に出て、エドモントホテルの鮎川哲也賞の贈賞式とパーティー。
 途中で抜けて、国立博物館の運慶展。3回目。
 ナイトミュージアムで、今日は夜の9時まで。空いていると思っていったが、夜の7時でもかなり混んでいる。
 10月21日から加わった浄楽寺(横須賀市)の阿弥陀如来坐像と両脇侍立像を見る。
 9時近くまで東博の中をうろうろ。
 


●10月25日(水) 月末締め切りの短編、第一稿

 『小説宝石』に不定期連載している短編を書き上げる。
 これに直しを入れて月末までに仕上げる予定。
 


●10月24日(火) 宇都宮線が白岡発着


 東京に用があるが、宇都宮線が白岡止まりなので、東武伊勢崎線の和戸から北千住経由で銀座に行く。

 画廊をちょっとまわってから、上野に行くと、宇都宮線の表示板がすべて白岡行き。
 仕方なく、北千住まわりで帰る。














●10月23日(月) 台風の影響。宇都宮線の不通

 台風で終日強風が吹く。
 宇都宮線が利根川の増水と強風で不通。風が収まった後、久喜−東鷲宮間の送電施設故障により、変則的に「白岡」止まり。
 上野−白岡のピストン輸送。白岡表示の電車の掲示板、もう二度と見られないかもしれない。


●10月19日(木) 早川書房でサイン


 今日は『双生児』の発売日。

 神田の早川書房本社を訪ね、『双生児』50冊にサインをする。どこにまわるのか不明。

 サインした本を並べてみると、女の子が何人も出てくるという趣向。

 早川書房の入り口には、カズオ・イシグロ氏のノーベル賞を祝う胡蝶蘭がずらり。



 りんかい線の国際展示場で用をすませて帰る。





●10月15日(日) 妙心寺をまわる

 今日は北野天満宮から妙心寺へ。京都は何度も来ているが、北野天満宮に行ったことがないので、ちょっとお参りしてみる。
 参拝の後、仁和寺か妙心寺のどっちかへ行こうと考え、妙心寺に決める。大学生の時に行って以来だ。
 妙心寺法堂の天井絵(狩野探幽の雲龍図)を見てから、塔頭の退蔵院(狩野元信作庭園)、桂春院(狩野山雪襖絵)などをまわる。
 たまたま大雄院が特別展示(10月の土日祝)をやっていたので、柴田是真の珍しい襖絵72面を見る。
 どこも庭園が紅葉前だったが、美しかった。
 雨がやまないので、午後2時すぎの新幹線で帰る。


●10月14日(土) 北斎展〜国宝展

 ちょっと時間ができたので、大阪と京都へ。
 あべのハルカス美術館、北斎展を見る。土日は若冲展並みの混雑。
 チケットだけで1時間待ち、さらに会場に入るまでに並ぶので、あらかじめネットかコンビニで買っておいたほうがいい。
 人が多すぎて眩暈がするが、とにかく晩年の肉筆画が多く、展示自体は今年のベスト10級。
 小布施の「濤図」は必見。娘の応為の作品も2点。展示替えあり。

 大阪から京都へ。
 金曜と土曜はナイトミュージアムをやっているところが多いので、京都国立博物館へ。第一期の目玉、雪舟の作品6点を見るのが目的。
 夜でも多少は込んでいるが、それほどストレスなく鑑賞できた。俵屋宗達の「風神雷神図屏風」など、絵画や仏像を中心に。
 雪舟がそろっているのは22日(日)まで。

 京都は外人観光客が多く、宿がとれない。休前日はビジネスホテルでも2万円以上があたりまえ。
 何とか三井ガーデンホテル京都四条を押さえる。


●10月12日(木) 運慶展ふたたび

 重源像を見るため、運慶展2回目。重源像の案内には運慶作ということは一言も触れられていない。
 図録の主解説は「運慶作にあらず」といったニュアンスで書かれている。東博は別人説なのかな。
 私のような素人は、運慶ではなく重源と密接な関係にあった快慶作だと思うんだけど、運慶派のほうが多い。

 2回目なので、前回より理解が深まる。あと1回行ってみたい。


●10月10日(火)

 短編のめどがついたので、明日は運慶展に行ってみようと思っている。


●10月6日(金)

 今週から10月締め切りの短編を書き始める。
 今日までで大体30枚。
 


●10月5日(木) 『双生児』の表紙


 『双生児』の表紙が出来上がる。

 イラストは「あこ」さん。
 期待の若手イラストレーター。















●10月1日(日) 『双生児』、予約開始

 早川書房の近刊、『双生児』、予約開始!

 10月19日発売。1944円(税込み)。

 →amazon



⇒⇒