頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (4月15日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。


● 『異人たちの館』、発売中!



 文春文庫、11月の新刊『異人たちの館』。




 新潮文庫→講談社文庫→文春文庫。
 3次文庫である。

 定価1296円。11月10日発売。


『異人たちの館』





●4月15日(土) 大阪(木×仏像展)〜西宮(勝部如春斎展)

 奈良から関西本線で天王寺へ。
 大阪市立美術館、「木×仏像」展。飛鳥時代から円空あたりまでの木の仏像を並べる。

 天王寺→西宮→阪神電車・香櫨園。西宮市大谷記念美術館、勝部如春斎展
 西宮で活動した狩野派の絵師。
 突き抜けるものはなく、手堅い作風。珍しいので、興味があれば。

 京都で途中下車し、伊勢丹7階の美術館「えき」KYOTOの月岡芳年展を見る。


●4月14日(金) 京都(海北友松)〜奈良(快慶展)

 京都・奈良・大阪の一泊旅行。
 9時の新幹線で京都へ。京都国立博物館、「海北友松」展を見る。
 雲龍はもちろんすばらしいが、最後に展示してあった月下渓流図屏風に感動。
 アメリカのネルソン・アトキンズ美術館から60年ぶりに里帰り。
 比較の対象にふさわしくないかもしれないが、鈴木其一の「夏秋渓流図屏風」の対極にあるような作品。
 京都のみの展示。

 京都からJRで奈良へ。
 奈良国立博物館の快慶展。快慶の作品がこれだけ集まるのはもうないだろう。
 これも奈良のみの展示。

 秋に東京国立博物館で運慶展がある。

 興福寺、仮講堂の特別展示。宝物館が改装のため、阿修羅を始めとした仏像が仮講堂に集められている。
 東金堂には、有名な仏頭が特別展示。

 快慶ついでに、東大寺の南大門の仁王像を見てくる。
 ホテル日航奈良に宿泊。


●4月13日(木) 短編第一稿

 とりあえず、月末締め切りの短編70枚を書き終わる。
 これで明日からの旅行にいける。
 帰ってから推敲をやる予定だ。


●4月10日(月)

 今月締め切りの短編を書き始める。
 連作『ポストカプセル』の第4話。タイトルは「脅迫状」。


●4月9日(日) 渡辺省亭展

 ネットを見ていたら、今日で渡辺省亭展が終わるというので、急いで京橋の加島美術へ。
 閉まる前に何とか間に合う。

 一画廊がやっているのだが、けっこう大がかりな展示。没後100年ということで企画されたという。
 埋もれていた幻の画家(1851-1918)の30点近い優品が画廊の一、二階に並び、行く価値はあり。
 繊細にして緻密。墨の使い方がうまい。傑作「牡丹に蝶の図」が山下裕二氏の所有と知り、ちょっと驚く。
 どこかで大々的な回顧展をやってほしいものだ。


●4月6日(木) 上野と大宮の花見

 東京藝大美術館、雪村展を見る。
 途中、上野公園の桜を見物。ちょうど満開でよかった。

 大宮に出て、氷川神社の三の鳥居で知人2人と待ち合わせ。
 大宮公園を一周して、大宮駅近くの居酒屋で飲む。
 午後4時から飲み始めたので、酔いのまわりがはやい。


●4月4日(火) 短編のプロット練り

 今月締め切りの短編のプロットができてくる。
 何とかできそうだ。


●4月3日(月) 中国の客人

 中国の画廊の人が仕事場にやってくる。
 饒舌な人。びっくり。


●4月1日(土) 飛鳥部勝則氏の個展、最終日


 国立新美術館、白日会展。サントリー美術館、絵巻物マニア列伝。

 銀座に出て、飛鳥部勝則さんの個展最終日、17時の終了間際に画廊に入る。
 若い女性2人と飛鳥部氏が話をしている。若いファンが多いとのことで、うらやましいかぎり。
 私のファンは年齢が高く、女性が少ない。

 17時になり、絵の梱包作業。
 私は飛鳥部氏の絵を持って、画廊を出る。


←飛鳥部勝則(阿部勝則)「超現実主義風2 髑髏」(P4)






●3月28日(火)

 4月締め切りの短編のプロットを考える。
 70枚の予定。


●3月26日(日) 『週刊文春』の徹夜本コーナー

 今発売中の『週刊文春』の書評コーナーに、『異人たちの館』(文春文庫)の記事。

 ⇒文春オンライン


●3月25日(土) 飛鳥部勝則氏の個展など

 推理作家の仲間(にして高校美術教師)の飛鳥部勝則氏の個展が今日から。
 ぎゃらりぃ朋の阿部勝則展、柴田悦子画廊の佛淵静子展。パートナー同士、同じビルの2階で同時開催。
 飛鳥部氏の作品は小説の世界が炸裂。座敷牢や頭蓋骨作品など。



 REIJINSHA ギャラリーの「目黒礼子 実験室2」
 頭蓋骨や昆虫の作品群。
 独立展に出品した大作2展、前線全身頭蓋骨など。

 スパンアートギャラリーで吉田戦車原画展も今日から。
 画廊の中がファンでいっぱい。
 


●3月21日(火)

 今年の新作の第一稿、完成。
 直しがいっぱいあるので、完成するのはいつだろう。今年中に出ればいいな。


●3月16日(木) アートフェア東京

 アートフェア東京のプレビュー。
 今日は招待デーなのだが、それでも人が多く、人疲れしてしまった。
 ゲートオープンと同時に5、6人の美術マニアが猛ダッシュするのを目撃。
 何点か出ている90万円の立体作品を買うためらしい。どの世界でもマニアはすごい。(笑)

 国立新美術館の「ミュシャ展」。
 チェコ国外に初めて出るスラヴ叙事詩、全20点が目玉。
 すごく混んでいるが、絵が巨大なので、ストレスなく見ることができる。
 日本には2度と来ないので、もう一度見てみたい。
 


●3月13日(月) 楢喜八展〜暁斎展


 楢喜八展、初日に行ってくる。楢さんとは5、6年ぶり。お元気そうだった。
 今回は猫をテーマにした新作展。

 ミニサイズのプリントが5000円、ミニ原画が1万円程度。

 ギャラリーSTAGE-1(銀座1-28-15)、3/13(月)〜18(土)。


←写真は「愛読書」。黒猫がE・A・ポーの「黒猫」を読んでいる(売却済み)。




 文化村の 河鍋暁斎展(ゴールドマン・コレクション)を見る。

 2013年、福富太郎所有の暁斎作品群が加わり、コレクションがより充実したとのこと。
 福富さんが海外に放出してしまったことにもやもや感あり。
 鴉14点で攻める「鴉の章」は新鮮、地獄太夫2点と百鬼夜行図屏風はやはりすばらしい。







●3月9日(木)

 わけあって、古いミステリー映画をまとめて見ている。
 テレビドラマのミステリー・シリーズ。VHSを中心に。

 レヴィンソン&リンクの「謎の完全殺人」を視聴。これは「スルース」の影響を受けていて、なかなかおもしろい。
 P・D・ジェイムズのドラマシリーズ。ルース・レンデルのウェクスフォード警部ものなど、DVD化されていないものが多い。
 


●3月7日(火)

 新車にようやく慣れてくる。
 これが最後の車になると思う。75歳で免許は返上するつもり。


●3月3日(金) シャセリオー展など

 西洋美術館のシャセリオー展。
 フランスのロマン主義の画家。アングルの弟子にして、次のルドンなどに影響を与える。
 知らない画家なので、興味深く見る。

 都美術館、人人展。
 銀座に出て、ヴァニラ画廊に寄る。



⇒⇒