頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (9月13日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。


●9月13日(水) 『双生児』の告知

 早川書房のサイトで、『双生児』の案内が出る。
 一部のネット書店で予約開始。
 1944円。10月17日発売予定。


●9月12日(火)

 10月締め切りの短編のプロット練り。
 


●9月11日(月) 早川書房へ

 校正の終わった『双生児』のゲラを神田の早川書房に直接届けにいく。
 早川書房の仕事をするのは、14年ぶり。『被告A』以来である。
 編集者と打ち合わせをした後、ひさしぶりに神田界隈を歩く。
 「ふじむら」など昔のまま。小鍛冶がドトールに変わっている。
 「きくむら」で食事でもしようかと思ったら、定休日だった。

 乃木坂に出て、国立新美術館の二科展。
 上野に行き、都美術館の主体展を見る。
 日本橋高島屋の田中武展など。


●9月8日(金)

 『双生児』のゲラを一通りチェックする。
 来週の月曜日締め切りなので、直接持っていくことにする。


●9月5日(火) 文春文庫の新刊、『侵入者』本日発売


 文春文庫9月の新刊、『侵入者----自称小説家』、本日発売。

 950円(税込)。

 板橋一家殺人事件&資産家夫婦殺人事件。


←表紙イラスト、藤田新策さん。

 解説、吉田大助さん(初めて)。








 


●9月3日(日) ジャコメッティ展〜藤島武二展

 国立新美術館のジャコメッティ展が4日で終わるというので、慌てて行ってくる。
 デッサンがなかなかいい味を出している。これは見てよかった。

 池袋から西武池袋線で中村橋へ。
 練馬区立美術館、藤島武二展を見る。
 


●9月1日(金)

 仕事をしなくてはならないのだが、ケイト・モートンの『湖畔荘』が届いたので、早速読書開始。
 今年のベスト1候補になるかも。
 今月はスティーヴン・キングの新作も出るので、ベスト選びがたいへんそう。


●8月30日(水)

 新作のエピローグを練り直す。
 前に書いたものが物足りないので、全面的に書き換える。


●8月28日(月) 仕事再開

 旅行の前に中断していた新作のゲラのチェックを再開。
 来週までにできないと、今年中に出ないので、少し焦る。半分まで。


●8月26日(土) 安倍文殊院〜源信展

 あべのハルカス美術館で、西大寺展をやっている。東京で見逃していたので、のぞいてみようと思ったが、億劫になってパス。
 難波から奈良県の桜井市へ。安倍文殊院の文殊菩薩を見る。快慶展のついでに行きたかったが、時間がなくて、断念していたのだ。
 
 奈良に出て、奈良国立博物館の「源信」展。
 三井記念美術館で「地獄絵ワンダーランド」を見ていたので、これはわかりやすかった。
 国宝、多し。

 ひさしぶりに大仏殿を見て、京都経由で帰る。
 


●8月25日(金) 髑髏展〜「怖い絵」展

 ゲラを見なくてはならないが、前から旅行の予約をしていたので、仕事は休み。
 午前9時すぎの新幹線で新大阪へ。

 乙画廊、髑髏の中の髑髏展
 阪神電車で岩屋へ。岩屋から兵庫県立美術館まで、かんかん照りな中を歩く。
 いつもがらがらな印象の兵庫県美がすごく混んでいる。「怖い絵」展、恐るべし。
 見たかったのは、フランス象徴主義アドルフ・モッサの「飽食のセイレーン」。
 目玉の「レディ・ジェーン」は超巨大な絵。

 大阪にもどり、国際美術館の「バベルの塔」展。
 東京で見ているが、別の会場で見てみると、新しい発見がある。
 


●8月24日(木) 新刊のゲラが届く

 10月刊行予定の新刊のゲラが届く。
 374ページを前にして呆然。


●8月23日(水) 花咲徳栄、優勝

 高校野球の決勝戦。花咲徳栄対広陵。
 午後2時から、そわそわして仕事にならない。中盤、大差がついてからはテレビにはりつく。
 14対4の大差で勝利。埼玉県勢としては、熊谷、春日部共栄につづいて3番目の決勝進出だった。
 関東勢は、5年前に前橋育英が優勝して、埼玉がただ一つの優勝なし県だった。


●8月22日(火) 花咲徳栄、準決勝

 相手は東海大菅生(西東京)。
 これまでのところで一番こわい相手だった。9回裏、サヨナラになると思って、テレビを消す。
 しばらくしてラジオをつけたら、花咲徳栄が勝っているではないか。


●8月20日(日) 花咲徳栄、準々決勝

 地元の高校なので、花咲徳栄を応援する。
 今日は準々決勝で、相手は盛岡大付属。
 これまでのように、初回に点を入れて、花咲ペースで試合を進める。
 楽勝。


●8月14日(月) お盆コース

 三越前の三井記念美術館、「地獄絵ワンダーランド」。
 日暮里に出て、全生庵の「幽霊画展」。
 2年前、東京藝大美術館でやった「うらめしや〜」展に展示された圓朝コレクションのうち、30点あまりがお寺の古い展示室に。
 今回、新発見の鏑木清方の幽霊画「茶を献ずるお菊さん」も展示された。8月31日まで。

 東京藝大美術館まで歩き、「藝大コレクション」の後期展示を見る。
 


●8月10日(木) 『侵入者』の表紙


 9月刊行、文春文庫の『侵入者』の表紙がネット書店に。

 元版の藤田新策さんの絵を流用。

 9月5日発売予定。950円(税込み)。













●8月8日(火)

 来年のコレクション展の件で、画廊の人と打ち合わせ。
 3回目のコレクション展が現実になりそう。
 


●8月3日(木)

 8月22日発売予定、『小説宝石』9月号に載せる短編のゲラをもどす。
 長編の校正ゲラが出てくるまで時間ができたので、積読本を消化。
 


● 『異人たちの館』、発売中!



 文春文庫、11月の新刊『異人たちの館』。




 新潮文庫→講談社文庫→文春文庫。
 3次文庫である。

 定価1296円。11月10日発売。


『異人たちの館』





⇒⇒