頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (10月3日)


●9月29日(火) 編集者の引き継ぎ

 某社女性編集者2名、引き継ぎのため仕事場に来る。有能編集者から敏腕編集者へ。
 新作のゲラに入るたくさんの赤(鋭い指摘)にロートル作家、のけぞる。
 3人、マスクをつけての打ち合わせ。


●9月26日(土) 新作のゲラが届く

 朝9時に新作原稿の初校ゲラが届く。締め切りは来週末というから、かなりタイトなスケジュールだ。
 四六判で337ページ。土日返上でやるしかない。
 


●9月22日(火) 信州から帰る

 大町を12時30分のバスでたつ。
 長野から新幹線。あさまだが、満席。ほとんどが軽井沢からの乗客。
 GО TО トラベル、東京以外からの客が多いようだ。


●9月21日(月) 松本へ

 大町から一人で松本へ。松本城は天守閣入場に140分待ち。何度も行っているのでパス。
 城の形をした青翰堂は、昔は古書店だったが、今は箸などを売っている店に変わった。外観がそのままなのが嬉しい。
 四柱神社にお参りした後、つつみ亭で昼食。まるもでコーヒーのセット。

 松本から穂高へ。
 ひさしぶりに碌山美術館に行く。ここは資料館がいくつかできて、ずいぶん変わった。雰囲気はそのままだが。


●9月3日(木) 古書店から電話

 この前本を送った古書店から電話。
「ひさしぶりの折原さんだったので、特別に奮発しました」
 買い取り価格は22000円。
 うーん、かなり評価してくれた。
 今年中にもう一回出そうかな。


●8月30日(日)

 溜まった本を段ボールに詰めて宅配便の営業所に運ぶ。
 4箱で約75キロ。着払いで2750円くらい。
 まとめて引き取ってくれる古書店があって助かる。


●8月29日(土) 暑気払い

 
地元のイタリアンで暑気払い。

 コロナで苦しんでいるレストランの応援を兼ねて。
 ビールがうまい。








●8月27日(木) 亀井徹の「花虫達」

 
 綾辻行人さんの『人間じゃない』(講談社)の表紙絵。

 私が持っている亀井徹さんの「花虫達」だったことに、今気づいて驚いている。

 こういうことって、あるんだなあ。仕事場の玄関、正面の壁に飾っている。














●8月26日(水)

 利根川で県またぎ。茨城県の(飛び地みたいな)古河市で用をすませた後、駅の喫茶店で読書。
 最近、よその喫茶店で読書することが多くなった。


●8月24日(月) 死んだレモン

 かんかん照りの下、除草剤撒きと草刈り機による作業。「ロートル作家、熱中症で死亡」になる寸前でやめる。
 室温を30度に設定し、冷風にあたって『死んだレモン』(フィン・ベル/創元推理文庫)を読む。
 ニュージーランド南島最南端の村で起きる事件。


●8月19日(水) 日経新聞の反響

 7月、日本経済新聞にエッセイを5回かいたが、いろいろ反響があって驚いている。
 意外という意味では、朝日、読売、毎日などよりも大きいかもしれない。
 昔の知人どころか、会ったことも存在さえ知らない親戚(はとこ)から連絡が来たりする。


●8月17日(月)連日の猛暑

 猛暑がつづく。
 今日は浜松で41・1度。一昨年の熊谷の最高記録に並ぶ。
 エアコンは30度に設定。このくらいでちょうどいい。


●8月12日(水)

 午前中、お坊さんを迎える。
 12寺30分のバスで大町から長野へ。
 車内でマスクをしないひげ男。しきりに咳をする。ぽかぽかランドで下車したのでほっとする。
 新幹線はやはりがらがら。


●8月11日(火)

 どこの飲食店もコロナの影響で、地元民優先になっている。
 大町市立病院内のレストランで昼食。ホテルは連泊なので、いったんホテルで休憩。

 仏壇の組み立て作業など。
 


●8月10日(月) 大町へ

 GО TОキャンペーンを使い、大町へ。
 新幹線は2割ほどの乗車。お盆時期でもコロナの影響で空いている。
 宿泊は信濃大町駅近くにできたビジネスホテル。
 
 夜はくろよんロイヤルホテルの後継ホテル、ANAホリデイインにて。


●8月7日(金) 原稿を送る

 新作長編のチェックを終えて、データを出版社に送る。
 これでしばらく読書三昧。


●8月3日(月)

 新作長編の最終チェック、つづく。


●8月1日(土)

 新作長編の最終チェック。お盆前までに何とかしなくてはならない。


●7月31日(金) 狩野派学習帳

 池袋東武の「乱歩先生とわたしV」を見た後、東上線で成増へ。
 板橋区立美術館の「狩野派学習帳」を見る。入館無料。
 室町時代の始祖正信から探幽を経て幕末までの狩野派の展示。
 すべて板橋区美の所蔵品で、撮影OK。
 幕末の狂い咲き、逸見一信の源平合戦屏風」とその裏側の「龍虎図屏風」がすごかった。
 狩野派唯一の女絵師、清原雪信の作品、新収蔵の小林永濯、蹄斎北馬の作品など。
 


●7月17日(金) 日経新聞連載5

 日本経済新聞夕刊のエッセイ最終回。
 今日は「謎の画家・石田黙」。


●7月16日(木) 日経新聞連載4

 日本経済新聞夕刊のエッセイ。
 第4回目の今日は「親指シフトのワープロ」。


●7月15日(水)

 母の処方箋をもらいに大宮の自治医科大学病院へ。


●7月15日(水) 日経新聞連載3

 日本経済新聞夕刊のエッセイ。
 第3回目の今日は「わが青春のミステリクラブ」。
 ワセダミステリクラブの思い出など。


●7月14日(火) 日経新聞連載2

 日本経済新聞夕刊のエッセイ。
 第2回目の今日は「母の本」。


●7月13日(月) 日経新聞連載1

 今日から日本経済新聞夕刊にエッセイの連載。5回連載。
 第1回目は「伯父・中島敦が住んだ家」。


●7月9日(木)

 明け方、ずしんという地震で目が覚める。
 初期微動がなかったので、茨城県南部が震源地だと思ってテレビの速報を見ると、その通りだった。


●7月6日(月) 定期券を買う

 今月は久喜に行くことが多いので、思いきって久喜までの定期券を買う。
 4,620円。16回乗れば元がとれる計算。


●7月5日(日) 足利市立美術館へ

 久喜から特急りょうもうで足利市へ。
 足利市立美術館の「如鳩と沼田居」。足利出身の牧島如鳩と長谷川沼田居の展示。
 如鳩は何年か前に見ている。

 足利からJRで小山経由で帰る。


●7月3日(金) 東博のきもの展

 東京国立博物館の「きもの」展へ。
 予約制。午後4時からの予約をとる。
 きものは苦手だが、けっこう楽しめた。国宝の「松浦屏風」。
 他に見返り美人があったり、祇園井特があったり。


●7月1日(水) 日経新聞のエッセイ5回分を書く

 日本経済新聞に頼まれていたエッセイ5回分を書く。
 7月13日(月)から17日(金)までの5回。


⇒⇒