頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (7月9日)


●6月27日(土)

 久喜の書店に「ミステリマガジン」を買いに行く。
 本当は5月に出る予定だったが、コロナの影響で1月延びたのだ。
 次の号は7月の売りなので、ちょっと慌ただしい。
 書店に『芸術新潮』の最新号「鳥獣戯画特集」を見つけ、気に入ったので購入。
 帰ってから、「ミステリマガジン」を買い忘れたことに気づく。


●6月25日(木) C・J・ボックス

 C・Jボックスの『発火点』が届く。創元推理文庫。
 このシリーズは講談社文庫から10点以上出ていたが、売り上げが思わしくなかったようだ。
 創元に移ってよかった。


●6月24日(水) シャープマスク、届く

 当選したシャープのマスクが届く。
 50枚入りで、25枚ずつ包装されている。他にもマスクがあるので、使うのは当分先になる。
 高いけれど、備蓄用に。


●6月19日(金) ロンドン・ナショナルギャラリー展

 西洋美術館のロンドン・ナショナルギャラリー展。正午、受付の整理券の列に並ぶが、もらえたのは15時30分の券。
 時間が余りすぎたので、江戸東京博物館の「奇才展」をもう一度見る。
 さらに東博に寄り、幻の「法隆寺展」の図録を買う。
 西洋美術館、目当てのクリヴェッリの「受胎告知」を見る。


●6月18日(木) シャープマスク当選

 夜の8時にシャープからマスク当選のメールが届く。
 今回も100倍以上だったらしいが、やっと当選。
 50枚で3278円+送料660円=3938円。1枚あたり約80円。
 マスクが値崩れしている現在では、ちょっと高めだが、衛生的な感じがするので、よかったと思うべきか。


●6月17日(水)

 アベノマスクが、仕事場に届く。
 わが家には3つのアベノマスク。


●6月15日(月) 若草物語

 コロナ明けで初めて見た映画は、「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」。
 私は中学の時、母親の部屋にあった『若草物語』を読んで以来のファン。
 今回も見逃すわけにはいかない。ウィークデーの昼下がり、がらがらの映画館で見る。
 次女、ジョー役のシアーシャ・ローナンがカッコよかった。


●6月15日(月) アベノマスク

 アベノマスクが届く。
 今週あたり、そろそろシャープマスクが当たる予感がする。


●6月12日(金)

 東京国立博物館の常設展。
 ここも日時予約してから入場する。本館は1階のみ。
 これまで買い損ねていた図録を買う。

 松坂屋の画廊で、企画展を見る。


●6月9日(火)

 日経新聞文化部の記者が来て、仕事場の撮影。
 本、ワープロ、石田黙の絵などを撮る。
 タクシーで久喜へ。私の生家跡を撮影。


●6月5日(金) 江戸東京博物館〜東京ステーションギャラリー

 江戸東京博物館の「奇才 江戸絵画の冒険者たち」を見る。
 宗達、若冲、光琳、応挙、蕭白、芦雪など有名どころから、地方の画家まで30人。
 北斎の天井画、絵金(絵師の金蔵)の劇画調の絵、祇園井特、片山楊谷などが素晴らしい。

 両国のローソンで、東京ステーションギャラリーの神田日勝展の日時予約してから、東京へ。
 去年の朝ドラ「なつぞら」に出てきた画家(吉沢某)のモデルとなった画家。
 土着的で力のある作風。いろいろな画家の影響を受けて、画風が変わる。


●6月3日(水) 栃木県立博物館の小泉斐展

 栃木県立博物館、偉大なる無名画家、小泉斐(あやる)展。
 コロナ禍による県またぎが自粛中なので、こっそり宇都宮へ。
 博物館の入口で体温を測った後、埼玉から来たと正直に言ったが、問題なく入場できた。
 小泉斐は江戸末期の下野の絵師。
 師や弟子などの作品を含めて100点。かなり見応えがある。
 6月15日まで。


●5月28日(水)

 第5回目のシャープのマスク、今回も外れる。
 100倍なので、仕方がないか。


●5月21日(水)

 シャープのマスク、またはずれた。
 なかなか当たらないなあ。


●5月16日(土)

 地元の飲食店応援のため、駅前のイタリアンに行く。
 残念ながらテイクアウトのみだったので、あきらめて久喜へ。
 久喜のイタリアンも閉まっており、仕方なく適当にいい店を探す。
 こじゃれた居酒屋を発見、1時間ほど食べたり飲んだり。


●5月14日(木)

 今日は仕事場(8F)までの階段を3往復。マスクをつけているので、さすがに息が切れる。
 でも、エレベーター(密空間)は使わない。
それにしても、シャープのマスクは当たらないなあ。どのくらいの倍率なんだろう。もう一回挑戦して、だめだったら、あきらめる。


●5月9日(土)

 市内のそば屋が今月いっぱいで店をしめるので、ひさしぶりに行ってみる。
 72歳の主人は75歳まで店をやるつもりだったが、コロナ禍によって今やめることを決めたようだ。


●5月8日(金)

 シャープのマスク、第3回の申しこみをする。
 10倍くらいの倍率なので、たぶんだめだろう。


●5月3日(日)

 考えてみると、なんと、4月はマンション(12階建)のエレベーター(密空間)を1回も使わなかった。
 (仕事場のある)8階まで階段を上るのが苦にならなくなったが、何となく9階が限界のような気がする。
 10階以上はロートル作家には無理だと思う。


●5月1日(金)

 毎年連休は何泊かの旅行をするが、今年はコロナ禍の影響で中止。
 仕事はあまりしないで、読書三昧の日々がつづく。


●4月26日(日) 北見隆装幀画集

 
 北見隆さんから北見隆装幀画集『書物の幻影』(アトリエサード/書苑新社/3520円)を頂戴する。
 赤川次郎、島田荘司、殊能将之、今邑彩、恩田陸といった方たちの表紙絵約400点。

 私自身、北見さんにたくさんやっていただいたが、『倒錯のロンド』(講談社/1989)が一番気に入っている。
 4月28日発売。














⇒⇒