頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (6月24日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。


●6月23日(金)

 新作、とりあえず終わる。もう1回ざっと見て、出版社に送る予定。
 10月2出ればいいなあ。


●6月20日(火)

 気分転換に生け垣の刈り込み。午前中の仕事。


●6月19日(月)

 新作、大詰め。直しても直しても、間違いが出てくる。
 もう何回まわしたか。


●6月17日(土)

 六本木で「永遠の幻想・美の幻影展」@ ROPPONGI STRIPE'S SPACE 。
 6月 17日(土) 〜 2015年 6月 25日(日) 11:00〜19:00 (最終日17:00まで)
 芋洗い坂を下っている時、若者のすごい行列にびっくり。あれは何なんだろう。

 幻想画展で、北見隆さんのエドガー・アラン・ポーに関するオブジェ「黒猫」を購入。
 今、ポーを集めているのである。


●6月15日(木)

 今月締め切りの長編を校正中。
 直しても直しても終わらない。
 月末に出版社に送り、年内に出ればいいかな。


●6月14日(金)

 去年の11月に出した『異人たちの館』、重版決定。
 この作品は3次文庫なので、何度も何度も出ている。
 いわゆる1次文庫と違って、部数が少なく、定価も高めなので、増刷はまずないと思っていた。
 1字文庫の増刷より嬉しいかも。


●6月13日(火) シリアルキラー展U後期、始まる

 シリアルキラー展U後期(ヴァニラ画廊)が始まる。
 ジョン・ウェイン・ゲイシーを除けば、前期よりおもしろいかも。チャールズ・マンソンはまさに狂気博覧会の趣。
 アーサー・ショウクロス、ダニエル・ローリングなどの絵はナイーヴ・アート的。
 他にエド・ゲインの聖書など見どころは多い。


●6月7日(水) 科学博物館の大英自然史美術館展

 11日に終わってしまうので、東京科学博物館の大英自然史美術館展を見る。
 気になっていた「ピルトダウン人の頭蓋骨」は復元したものだった。頭蓋骨の周囲に本物(笑)の頭骨片と下顎骨。
 その他の展示もけっこう楽しめる。

 東京国立博物館に寄って、メンバーズプレミアムの会員になる。
 会費5000円で1年間常設フリー、4枚の特別展無料観覧券、その他国立博物館の割引。
 この4月で特典内容が変わってしまったが、以前のほうがよかったかもしれない

  本館2階7室、尾形光琳「風神雷神図屏風」展示中。7月2日(日)まで。


●6月4日(日)

 9月刊行予定の文庫のゲラが届く。
 470ページに呆然。新作をやらなくてはいけないのに、脱力。
 ロートル作家は、だらだらやらないと、体がきつい。


●6月3日(土)

 表参道からビリケンギャラリーの森口裕二展初日に行く。若い人がいっぱい。
 けっこう売れている。

 乃木坂に出て、サントリー美術館の玉手箱展。

 京橋のギャラリー椿を見て、小伝馬町のみうらじろうギャラリーをのぞく。


● 『異人たちの館』、発売中!



 文春文庫、11月の新刊『異人たちの館』。




 新潮文庫→講談社文庫→文春文庫。
 3次文庫である。

 定価1296円。11月10日発売。


『異人たちの館』




●5月29日(月)

 脛を怪我して1か月がたつのに、治りが悪い。
 血腫がまだ残っている。強めのサポーターを常時つけている。


●5月26日(金) 『コードネーム・ヴェリティ』

 『コードネーム・ヴェリティ』(エリザベス・ウェイン/創元推理文庫)、読了。
 エドガー賞「ヤング・アダルト部門」受賞というのが最大の驚きだ。
 この大人向きの小説をヤング・アダルトとして売った出版社の戦略成功。
 最優秀長編部門の候補だったら、たぶんだめだっただろう。
 第二次大戦時の2人の女子の物語。まあまあ、お勧め。


●5月24日(水) 骨のあるアート展

 伊勢丹新宿、アートギャラリーで「骨のあるアート展」を見る。
 5/24(水)〜30(火)。小田隆、玉川麻衣、平良志季、丸岡和吾ほか。

 今回は見送る。

 京都の山科でも、「夜想・髑髏展U」をやっているが、時間的に無理。足をけがしているし。
 京都・山科・春秋山荘。
 5/19(金)〜6/25(日)。金土日のみオープン。


●5月22日(月)

 最初に診てもらった外科に行く。
 サポーターをして、しばらく様子を見ましょう。完治まで1か月かかるかも」と言われる。
 同じ外科でも、見方が全然違っている。


●5月19日(金)

 久喜の外科で脛の傷を診てもらう。
 「血行をよくしましょう」と患部をもまれる。
 帰ってから、症状が悪化。
 あの外科にはしばらく行けないな。怖くて。


●5月18日(木)

 久喜のイタリアンレストランで打ち合わせ。
 編集者が4人、うちは2人。

 来年の文庫打ち合わせなどなど。
 


●5月15日(月)

 『双生児』の直しを進める。
 来月までにできないと、今年中の刊行はできないので、真面目にやろう。


●5月13日(土)

 脛の傷が思わしくないので、久喜のクリニックへ。
 抗生剤を処方してもらう。
 足のむくみが治らない。どうなってしまうのだろう。


●5月11日(木) シリアルキラー展初日

 ヴァニラ画廊、シリアルキラー展U前期の初日。
 パンフレット込みで入場料2000円。ジョン・ウェイン・ゲイシーに関する短い文を寄稿している。
 静かな初日、1番サインゲット。前回はごちゃごちゃした印象だったが、今回は前期と後期に分けたことで、すごく見やすくなった。
 ゲイシー、バーコウィッツ、ルーカス、サトクリフなど。コレクターHN氏に久しぶりに会う。
 ゲイシーは前期(〜6/11)のみ。土日祝はチケット制。
 入場料を高く設定したのは、ひやかし客をカットするためかもしれない。今回はわりとゆっくり見ることができた。

 帰ってから、久喜のクリニックに行く。
 血腫をつぶして、血を全身にまわすように処置。
 2つの外科、処置が全然違うので、少し不安になる。


●5月8日(月)

 傷の治りがよくないので、最初に行った外科でも診てもらう。
 血腫はそのままにするようにとの指示。


●5月5日(金) 筋挫滅

 最初に診てもらった外科が、休みなので、連休中にも開いているクリニックを探す。
 久喜に休日診療のクリニックがあったので、自転車で行く。
 レントゲン検査の結果、骨は折れていなかったが、筋挫滅の診断。
 血腫ができているのだ。
 歩いたほうが血の巡りがいいので、歩くようにする。


●5月4日(木)

 強打した脛の内出血がひどく、血が足のほうに降りてきて、ぱんぱんになっている。
 連休中なので、医者で診てもらうこともできず、悶々。
 抗生物質は飲んでいるのだが。


●5月2日(火) 脛を強打

 除草剤をまいている時、鉄柵に脛を強打する。
 内出血がひどいので、近くの外科で診てもらう。




⇒⇒