頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (9月16日)
   


● 『ポストカプセル』発売中!


 『ポストカプセル』(光文社/1836円)、発売中。


 昔、つくば科学万博で「ポストカプセル郵便」という企画があった。
 専用のポストに入れると手紙が15年後に届けられるというものだ。
 もしラブレター、遺書、脅迫状、文学賞の受賞通知などが間違って入れられたら……。














●9月18日(火) 作品の梱包

 作品の運びだしが来週の火曜日に決まったので、そろそろ絵の梱包を始める。
 メメントモリ関係が50点、石田黙が20点。
 とりあえず30点ほど詰めるが、汗びっしょりになる。


●9月17日(月) 宛名書き

 メメント・モリ展のチラシを封筒に入れ、宛名書き。
 チラシを三つ折りにするのがむずかしい。
 チラシはあまりないので、100通ほどの予定。


9月16日(日) 美術館めぐり

 今日は久々に美術館めぐり。
 二科展(国立新美術館)、ミーハー的に工藤静香の絵とか若月佑美のデザインも見る。
 六本木1丁目で降りて、狩野芳崖と四天王(泉屋博古館分館)
 六本木から京橋に出て、加島美術の渡辺省亭展。画廊が頑張っている。
 有楽町から出光美術館へ。仙漉邇]。食わず嫌いだったが、実際に見ると、なかなかおもしろい。
 東京駅まで歩いて、丸善の人・形展。川上勉の少女はすばらしい。


●9月11日(火) 『黄色館の秘密』発売


 本日、『黄色館の秘密』新装版(光文社文庫)の発売。

 定価734円。

←表紙イラストは影山徹さん。














●9月9日(日)

 銀座・ヴァニラ画廊でパンフレット原稿について打ち合わせ。
 メメント・モリ展まで1か月を切る。
  


●9月6日(木)

 北海道胆振地方で地震。
 伊達市と江別市あたりに知り合いがいるので心配。


●9月5日(水) 台風の被害

 台風21号が去って、実家の具合がどうか確認すると、母屋に木が倒れかかっている。
 樹齢70年くらいのカヤの木。
 幸いガラスは割れておらず、チェーンソーと鋸で母屋から切り離す。
 処理は植木屋に頼むしかないようだ。


●8月25日(土) メメント・モリ展&石田黙展


 折原一の「メメント・モリ展」&「石田黙展」。情報が公開される。

 10月3日(水)〜21日(日)。銀座・ヴァニラ画廊。

 入場料についてはいろいろご意見があるかと思うけれど、2つ分の展示であり、かつパンフレット(私の短文2本)が付いているので、ご容赦いただきたい。


←詳細はクリック。








●8月24日(金) 幽霊画展〜藤田嗣治展

 今日は、日暮里から全生庵へ。三遊亭圓朝コレクションの「幽霊画展」。毎年8月公開。31日まで(10〜17時)。
 円山応挙、菊池容斎、柴田是真、月岡芳年、渡辺省亭、鏑木清方など。

 全生庵から歩いて上野へ。東京都美術館の藤田嗣治展
 東博の「縄文」後期は時間がなくなったのでパス、常設のみ見る。


●8月23日(木) ポール・アルテの新訳

 フランスの本格推理作家、 ポール・アルテ(1956-)の『あやかしの裏通り』(行舟文化/1500円)を頂戴する。
 平岡敦・訳。芦辺拓・解説。短編「斧」、絵葉書4枚付き。


●8月22日(水) 密室殺人トリック集成『Locked Room Murders』

 ロバート・エイディーRobert Adeyの密室殺人トリック集成『Locked Room Murders』のペーパーバック版がアマゾンに出ていたので、早速注文する。
 密室殺人のミステリを書きたい人は必携。

 実をいうと、ずーっと以前、『Locked Room Murders』のハードカバー版を凶器に使った短編を書いたことがある。


●8月17日(金) マイナー・インデックス通信


 『マイナー・インデックス通信』第15号「オール・ミステリ海外作家短編インデックス最新版(荻巣康紀編)」を頂戴する。
 全762ページ。2018年の6月までの資料。
 厚さが限界なので、資料としてはこれでいったん終了、後は落穂拾い的に補遺を重ねていくという。
 


●8月15日(水) 宇都宮で餃子を食べる

 宇都宮へ餃子を食べにいく。東京なら品川に行くくらいの感覚。
 暑いので納涼を兼ねて。片道所要1時間、読書タイム。
 駅の近くの餃子店で食べたり、飲んだり。
 20時すぎの電車で帰る。


●8月12日(日)

 信州から帰る。


●8月10日(金)

 信州の大町へ。
 くろよんロイヤルホテルで会食。


●8月9日(木) 銀座・ヴァニラ画廊にてコレクション展

 7日の撮影でうっかり撮りもらした作品を画廊に持っていき、撮影してもらう。
 銀座・ヴァニラ画廊にて、10月2日〜21日。
 ようやく情報公開してもいいことになった。
 くわしくは後日。


●8月7日(火) 写真撮影

 10月に約3週間にわたって、私ののコレクション展が開かれる。
 そのパンフレットに載せる作品の撮影に画廊のスタッフがやってくる。
 骸骨関係と石田黙関係、合わせて30点近く撮る。


●8月6日(月) パンフレット用の絵の整理

 明日、画廊がパンフレット用の写真を撮りに来るので、載せる絵を選択。
 額を箱から出したり入れたりして、汗びっしょりになる。


●8月1日(水) 個展パンフレットの原稿書き

 10月に開くコレクション展のパンフレット用の原稿を書く。
 8ページの中に文章と写真を載せる予定。
 骸骨展&石田黙展。


●7月11日(水) 『猿島館の殺人』発売


 本日、『猿島館の殺人』新装版発売。
 光文社文庫。

 734円。















●7月8日(日) 産経新聞

 産経新聞の読書欄にインタビュー記事。
 →産経新聞


●7月5日(木) 毎日新聞

 毎日新聞のネット版に私のインタビュー記事が。
 →毎日新聞「私のポリシー」


●7月1日(日) 『猿島館の殺人』の見本が届く


 7月の新刊、『猿島館の殺人』新装版(光文社文庫)の見本が届く。

 7月11日発売予定。734円。

←イラストは影山徹さん。













●6月19日(火) 『ポストカプセル』発売開始


 本日、『ポストカプセル』(光文社/1836円)、発売。


 昔、つくば科学万博で「ポストカプセル郵便」という企画があった。
 専用のポストに入れると手紙が15年後に届けられるというものだ。
 もしラブレター、遺書、脅迫状、文学賞の受賞通知などが間違って入れられたら……。













●4月5日(木) 本屋大賞の「超発掘本」


 今年の「本屋大賞」の発掘部門で、私の『異人たちの館』(文春文庫)が「超発掘本!」に選ばれ、「超びっくり」。

 私はちょっと困惑気味だが、この小説にとってはよかったかなと思う。

 推薦してくれた樋口麻衣さん(勝木書店本店/福井市)のコメント









⇒⇒