頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (8月15日)
   


●8月15日(木) 太田喜二郎などの展示

 目黒区美術館の太田喜二郎と藤井厚二展。
 印象派の画家と建築家のコラボ展。
 太田の絵は、後期印象派的な点描時代はいいが、点描をやめてからは凡庸。


●8月13日(火) 新作の校正

 プリントアウトした新作の原稿を最初からまた読み直す。
 1週間ぐらい見てから出版社に送る予定。


●8月12日(月)

 12時すぎのバスで大町を離れ、長野から新幹線で帰る。
 16時前に自宅到着。


●8月11日(日)

 車で白馬のジャンプ台へ。
 長野オリンピックで使われたところで、リフトなどで上までのぼれる。
 夜、くろよんロイヤルホテルで会食。
 ホテルは9月いっぱいで改装工事に入り、別会社の運営となる。
 これが最後の食事。


●8月10日(土)

 14時30分の新幹線で長野へ。
 長野からバス、大町着17時30分すぎ。


●8月8日(木)

 秋葉原で移してもらったデータをパソコンに移す。
 原稿を一通りプリントアウト。約600枚。


●8月7日(水) フロッピー、円山・四条派の展示など

 新作を書きこんだフロッピーを秋葉原の専門業者に持っていき、CD-Rに移してもらう。
 ワープロを使っている人はけっこういて、今でも需要が多いんだとか。

 上野に出て、東京藝大美術館の「円山応挙から近代京都画壇へ」。円山・四条派の流れがよくわかる。
 応挙の大乗寺の襖絵、呉春、岸駒などなど。
 四条派のどん詰まり(?)、木島櫻谷(このしま・おうこく/1877-1938)の「山水図」(六曲一双/前期のみ展示)が私のベスト1。
 この絵の前でしばらく固まってしまった。
 


●8月1日(木)

 新作の直し。あと少し。


●7月29日(月)

 新作の直し、3回目。直しても直しても終わらない。
 夏までに終わるだろうか。


●7月27日(土) 村山槐多展

 宿を10時前に出て、上田電鉄で上田へ。
 駅から10分ほど歩いてサントミューゼ内にある上田市立美術館。
「没後100年 村山槐多展」。新発見の絵100点に代表作を並べ、かなり充実した展示。
 後期もあるけれど、どうしよう。
 台風が近づき、雨が降りだしたので、急いで新幹線で帰る。

 


●7月26日(金) 別所温泉

 27日から始まる村山槐多展(上田市立美術館)。日帰りが億劫なので、別所温泉に前泊。
 別所は3回目。柏屋本館、花屋と泊まっているので、今回は一人旅歓迎の宿にする。

 お昼頃に上田到着。上田電鉄で塩田町下車。シャトルバスで無言館へ。
 無言館から歩いて前山寺。重文の三重塔など。
 バスで別所温泉。上松やにチェックイン。
 常楽寺の石造多宝塔、安楽寺の国宝八角三重塔などを見る。
  


●7月20日(土) 京橋〜銀座画廊めぐり

 京橋のギャラリー椿のオークション初日。
 ほしいものがあったので、1点入札。

 京橋から銀座へ、ひさしぶりの画廊めぐり。
 青木画廊の伊とうはるこ展。画廊宮坂の167点展示などを見る。


●7月15日(月) 高島野十郎の「蝋燭」

 7月13日の毎日オークションに出品された「高島野十郎」の蝋燭画(1960/板に油彩/SМ/22・5×15・5p)、落札価格が2000万円(+手数料)。
 この結果にすごく驚いている。予想価格は1000〜1500万円だった。


●7月12日(金) 三国志展など

 東博の三国志展。中華圏の人たちもたくさん来ている。全点撮影OKだったけれど、写真は撮らなかった。
 展示数が多く、疲れてしまったので、常設展示(2F)を駆け足で。
 前回撮り忘れていたお猿さんの埴輪(重文)、亜欧堂田善(1748-1822)の「浅間山図屏風」(紙本油彩/重文)。


●7月8日(月)

 昨年末の紅白歌合戦で「米津玄師」だけ録画しておいた。消さないでおいて正解だった。
 昨日の「いだてん」で人見絹枝を演じた「菅原小春」が米津氏の前で踊っているのを確認。
 年末に見た時、ずいぶん濃いダンサーだなと思ったのは内緒である。


●7月7日(日) 遊びの流儀〜日本の素朴絵

 雨の日曜日、サントリー美術館の「遊びの流儀」。屏風が多く、なかなか見応えがある。
 後期も行こう。
 銀座、画廊宮坂に寄ってから、三越前、三井記念美術館「日本の素朴絵」を見る。
 へたくそで憎めない絵から、へたうまの絵、彫刻など。


●7月2日(火) ペンギンブックスのトートバッグ


 ペンギンブックスのトートバッグ、シャーロット・アームストロング『ノックは無用』(Mischief)が届いた。
 書庫を探したらオリジナル版が出てきたので並べてみる。

  シャーロック・ホームズの折り畳み傘も。これ、使う時はちょっと勇気がいるかもしれない。

















●7月1日(月) 新作の直しにかかる

 新作原稿の第一稿の直しを始める。
 500枚程度。今年中に出るかどうか微妙な状況。
 


●6月29日(土)

 新宿に着く前に本を読了。紀伊國屋書店で次に読む本を選ぶ。
 『死者の国』(グランジェ/ポケミス)はあまりに厚くて高いのでパス(『エンジェルメイカー』は読んだけど)。『アイル・ビー・ゴーン』は見つからず。
 結局、『まだすべてを忘れたわけではない』(W・ウォーカー/講談社文庫)にする。心理分析物。


●6月28日(金) キスリング展〜ドービニー展

 先週のブラタモリ(白金特集)で、東京都庭園美術館が紹介されていた。

 キスリングの絵が掛かっているのを見て、「あ、キスリング展、やってたんだ。うっかり見逃すところだった」。
 ……てなわけで、今日は目黒→「キスリング展」→新宿→「ドービニー展」(損保ジャパン美)をまわった。2つとも終了間近。
 


●6月26日(水) 車の塗装

 車のディーラーのところにキズのついた車を持っていく。
 30分ほどで塗装完了。
 よく見れば、キズはわかるが、まあ、こんなものだと思うことにする。
 


●6月21日(金) 車を擦る

 前の家が塗装工事に入るので、工事車両がたくさん並んでいる。
 車庫入れの時、いつもと感覚が狂って、車に擦り傷をつけてしまう。
 ディーラーのところへ持っていき、塗料を取り寄せてもらうことになる。
 ひさしぶりのミスで、かなりへこむ。


●6月20日(木)

 新作の第一稿が完成。
 500枚前後か。
 これから直して、来月後半には何とか出版社にわたしたいものだ。


●6月18日(火) モロー展〜シリアルキラー展など

 新橋からパナソニック汐留美術家へ。ギュスターヴ・モロー展。
 出品数が少なくて、かえってわかりやすい展示。目玉の「出現」を見る。

 そのまま歩いて、銀座のヴァニラ画廊へ。
 今年もシリアルキラー展が開かれた。コレクター氏がいたので、しばらく情報交換。
 今年はわかりやすい展示。来年はもっと数を増やすという。

 青木画廊の建石修志展。アリス関連の展示。
 なかなかすばらしい。

 上野、東博の「奈良大和4寺のみほとけ。常設の料金で見ることができる。
 2階7室に亜欧堂田善の「浅間山図屏風」を発見。


●6月13日(水) ウィーンモダン展など

 ウィーン・モダン展(国立新美術館)。
 クリムトとエゴン・シーレを見にいったところ、作曲家シェーンベルクの油彩画が3点出ていたので、ちょっと驚く。
 「グスタフ・マーラーの葬儀」は、土をかぶせる前の墓穴がぽっかり。ムンクを少しへたにしたような感じだが、画家(?)の悲しみが伝わってくる。


●6月10日(月)

 新作の最終局面。プロットの手直し。


●6月3日(月)

 新作のプロット練りが終わり、ようやく書き始める。
 5枚まで。


●6月2日(日) 森町長子作品

 最近、森町長子の作品がヤフオクに出ている。
 先月2点落札。
 今日は25号作品がでていたので、オークションに参加する。
 48000円スタートで60000円で落札。
 キズがあるので、参加者が少なかったのかもしれない。


●6月1日(土)

 新作の最終局面。プロットの練り直しをする。
 夏までにできるかな。



⇒⇒