頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (12月6日)


●12月6日(金)

 菖蒲のモラージュに映画を見にいく。
 スティーヴン・キングの『IT/イット THE END』と『ドクター・スリープ』、両方見ようと思ったが、 『IT』だけで疲れてしまった。
 3時間はトイレに近い者にはきつい。膀胱が破裂寸前。


●12月3日(火)

 JTBの出版部にいた頃の編集者仲間4人(男2+女2)と神楽坂で酒を飲む。
 ひさしぶりに会って、そんなに老けた感じがしないのは、一緒に歳をとっているからだと思う。
 30年以上前の仕事の話とか、最近の旅行事情、出版事情、誰それが死んだとか、そんな話で3時間。
 あまり飲んでいないのに、けっこう酔った。


●12月1日(日) ミステリーベスト10(海外)

 『ミステリマガジン』の「ミステリが読みたい!」のベスト10。私は海外のみに参加している。
 見ない人も多いと思うので、私のベストを以下に。「文庫翻訳ミステリベスト」とかなり重複(18年10月~19年9月)。

@沼の王の娘(K・ディオンヌ/ハーパーブックス)
A戦場のアリス(K・クイン/ハーパーブックス)
B無痛の子(L・ガードナー/小学館文庫)
C沈黙の少女(Z・ドヴェンカー/扶桑社文庫)
Dサイコセラピスト(A・マイクリーディーズ/早川ポケミス)
E彼女のかけら(K・スローター/ハーパーブックス)
Fまだすべてを忘れたわけではない(W・ウォーカー/講談社文庫)
Gケイトが恐れるすべて(P・スワンソン/創元推理文庫))
H名探偵の密室(C・マクジョージ/早川ポケミス)
I危険な弁護士(J・グリシャム/新潮文庫)


●11月27日(水)

 講談社の編集者と打ち合わせ。
 ちょっと変わった企画。


●11月24日(日) 足利の文化財一斉公開

 足利の文化財一斉公開(全67ヵ所/23、24日のみ)を見るため、久喜から特急「りょうもう」で足利へ(所要40分)。
 途中、「ゆるキャラサミット」をやっている羽生で臨時停車。客がかなり降りる。雨もあがってきた。

 11時すぎに足利到着。足利の文化財一斉公開。67ヵ所まわれるはずもないので、5つに絞る。
 下野國一社八幡宮→瑞泉院(初公開/西国三十三尊の観世音菩薩像)→徳蔵寺(木造五百羅漢像)→善徳寺→鑁阿寺(足利歴代将軍坐像15躯)。
 すごかったのは、徳蔵寺のピラミッド状に安置された五百羅漢像(江戸後期)。これにはびっくり。

 徳蔵寺の五百羅漢像(四面の十段に羅漢513体+頂上に阿弥陀三尊像+各段隅に十大弟子立像)は、ふだんは非公開。
 特別公開などの時以外は見られない。正月の何日かはひょっとして拝観できるかも(要問合せ)。

 足利学校は無料開放。
 鑁阿寺は紅葉がちょうど見ごろだった。


●11月21日(木) 文庫翻訳ミステリーベスト10

 『IN★PОCKET』の休刊で「文庫翻訳ミステリーベスト10」がなくなってしまった。
 だったら、いっそのこと個人的にやろうかということで、去年から勝手にやっている。
 偏りすぎのベストかも。18年10月〜19年9月発行。

@沼の王の娘(K・ディオンヌ)
Aブラック&ホワイト(K・スローター)
B無痛の子(L・ガードナー)
C沈黙の少女(Z・ドヴェンカー)
D戦場のアリス(ケイト・クィン)
E11月に去りし者(L・バーニー)
Fケイトが恐れるすべて(P・スワンソン)
Gまだすべてを忘れたわけではない(W・ウォーカー)
H鷹の王(C・J・ボックス)
Iメインテーマは殺人(A・ホロヴィッツ)


●11月19日(火)

 銀座、ギャラリー路地裏の楢喜八展を見る。ご本人には会えず残念。

 上野に出て、西洋美術館のハプスブルク展を見る。
 平日なのに、かなり混んでいる。ベラスケスなどの絵画を中心に。
 


●11月13日(水) 新作のプロット練り

 次の次の作品のプロットができてくる。
 ひさしぶりに本格推理になるかもしれない。
 


●11月10日(日) 廬山寺、御所など

 京都3日目。協も秋の特別拝観の寺をまわる。
 御所近くでバスを降り、紫式部ゆかりの廬山寺、清浄華院を見る。
 ひさしぶりに御所を見てから、京都駅にもどり、渉成園に入る。
 疲れたので、3時すぎの新幹線で帰る。
 


●11月9日(土) 嵐山〜天龍寺〜秋の特別拝観の寺をまわる

 嵐山に新しくできた福田美術館のコレクション展を見るため、四条大宮から嵐電に乗って嵐山へ。
 菱田春草や横山大観など明治以降の日本画のある1階。
 若冲や蕪村など江戸絵画のある2階。見応えのある展示。

 天竜寺に寄ってから、嵐電で等持院駅下車。秋の特別拝観の金臺寺(きんたいじ)を見る。
 丸太町に出て、三時知恩寺、光照院に寄ったところで、大体4時。
 いったん駅にもどり、京都タワーに初めて昇る。


●11月8日(金)カラヴァッジョ展〜佐竹本三十六歌仙絵

 9時すぎの新幹線で名古屋へ。
 名古屋市美術館の「カラヴァッジョ展」。今回は、北海道→名古屋→大阪の展示で、珍しく「東京とばし」。
 美術館の前で、前売り券を忘れてきたことに気づく。
 たった200円しか安くならないのだから、こっちに来てから買うべきだった。かえって高く,ついてしまった。
 カラヴァッジョは10点で、「ゴリアテの首を持つダヴィデ」は名古屋のみの展示。
 これだけのために名古屋に行く価値あり。

 一方、大阪のあべのハルカス美術館でで予定されていた「ホロフェルネスの首を斬るユディト」「瞑想するアッシジのフランチェスコ」が展示中止。
 名古屋を見るだけでいいかもしれない。

 大阪から京都へ。
 秋の特別公開の寺院が16時までに入らないと拝観できないので、今日は妙法院だけに絞る。
 その後、京都国立博物館の「佐竹本三十六歌仙絵」展。
 集結した31点の絵もすごいが、36点の流転のドラマはさらにすごい。
 (表具付き)31点の折り込み印刷をした凝った造りの図録(3000円)は、資料的価値も高く、美術ファンなら絶対買っておくべきだろう。
 


●11月1日(金) 次の次の作品のプロット

 少し暇なので、次の次の作品のプロットを考える。
 大雑把にどういう感じにするか、考える。
 おぼろげに形が見えてくる。こういうことはめったにない。


●10月31日(木)

 沖縄の首里城正殿炎上。復元されたものとはいえ、これはショック。
 沖縄には2回行っているが、いずれも首里城が復元される前。守礼門しかなかった。
 首里城を見ないうちに失われてしまうとは。


●10月26日(土) 山下裕二の隠し球、新宅和音展など

 三越日本橋本店(美術画廊)の「山下裕二の隠し球」を見る。山下氏が『美術の窓』の連載で取り上げた作家から16人を厳選。
 なかなか見応えがあった。石田徹也3点、牧野邦夫の遺作「未完成の塔」なども見られる。

 六本木に出て、二紀展と独立展の両方を見る。時間が足りないくらい。

 銀座、青木画廊の堀田操・浅子展を見てから、小伝馬町のみうらじろうギャラリー、新宅和音展。
 デロリの伝統を受け継いだような作風。今年の乱歩展で「踊る一寸法師」を買っている。


●10月25日(金) 鮎川哲也賞は欠席

 雨風がいっこうに衰えないので、今日の東京行きは中止。鮎川哲也賞の授賞式があるのだが、残念。
 この前の台風でぎりぎりだった利根川の水位はどうなっているんだろう。
 私が生まれる前、カスリーン台風で栗橋の堤防が決壊したことがある。その後、巨大な堤防が築かれたが、この前はやばかったみたい。


●10月21日(月) 新作のプロット練り

 新作を預けた状態なので、新作の次の作品の構想を練る。
 本格推理みたいなものになるかも。
 資料をどんどん買い集めている。


⇒⇒