頭蓋骨の裏側(DIARY) 過去の日記(2004年3月〜)

 ⇒⇒   ⇒⇒ (7月9日)
   


折原一の本を注文するなら、ここが便利です⇒amazon、⇒楽天、⇒紀伊國屋書店
honto、⇒セブンネット、⇒e-hon、⇒Honya Club、⇒丸善&ジュンク堂 など。


電子書籍(「折原一」で検索しやすいところ)
amazonkindle楽天kobo紀伊國屋書店Kinoppy
電子文庫パブリGALAPAGOS STORE、 ⇒Sony Reader Store
hontoBook Live  など。




●7月8日(日) 産経新聞

 産経新聞の読書欄にインタビュー記事。
 →産経新聞


●7月5日(木) 毎日新聞

 毎日新聞のネット版に私のインタビュー記事が。
 →毎日新聞「私のポリシー」


●7月1日(日) 『猿島館の殺人』の見本が届く


 7月の新刊、『猿島館の殺人』新装版(光文社文庫)の見本が届く。

 7月11日発売予定。734円。

←イラストは影山徹さん。













●6月30日(土) 北見隆展など

 東京ステーションギャラリー、夢二繚乱。

 銀座に出て、ギャラリー枝香庵の北見隆展。
 ご本人が在廊していたので、しばらく話す。

 青木画廊、菅原優展初日。


●6月29日(金) ゲラ読み開始

 9月刊行の『黄色館の秘密』の新装版の初校ゲラ校正。
 黒星警部シリーズはこれで3回目。
 あと『丹波家の殺人』と『模倣密室』。


●6月28日(木) 初セミ

 梅雨が明けて、初セミ。ニイニイゼミ。
 今年は暑くなりそうだ。


●6月27日(水)

 産経新聞の取材。
 来月の読書欄に『ポストカプセル』についての書評を載せるとのこと。

 午後6時すぎ、白岡駅近くの居酒屋で新刊の打ち上げ。


●6月21日(木)

 シリアルキラーのコレクター氏が仕事場を訪れる。
 いらなくなった「モルグ街の殺人」のポスターを差し上げる。


●6月19日(火) 『ポストカプセル』発売開始


 本日、『ポストカプセル』(光文社/1836円)、発売。


 昔、つくば科学万博で「ポストカプセル郵便」という企画があった。
 専用のポストに入れると手紙が15年後に届けられるというものだ。
 もしラブレター、遺書、脅迫状、文学賞の受賞通知などが間違って入れられたら……。













●6月15日(金) 多賀城に行く

 宮城県多賀城市の東北歴史博物館で開かれている「東大寺と東北」を見る。
 誕生釈迦仏立像、弥勒仏坐像、重源上人坐像、快慶の地蔵菩薩像などなど。
 平日の雨降りなのに、高齢者でいっぱい。

 時間がないので、大急ぎで荒脛巾(アラハバキ)神社と多賀城跡をまわる。
 どちらも30年ぶり。
  


●6月12日(火) 『ポストカプセル』の見本が届く

 『ポストカプセル』(光文社)の見本が届く。1836円(税込み)。
 イラストは影山徹さん。


●6月10日(日) 『ポストカプセル』予約受付中

 6月19日発売予定、『ポストカプセル』(光文社)、ネットなどで予約受付中。
 →『ポストカプセル』


●6月4日(月) 毎日新聞にインタビュー記事

 6月4日の毎日新聞朝刊に私のインタビュー記事(19面)あり。
 「私のポリシー/時代の潮目を読み誤るな」(日本推理作家協会とJTの共同企画)。
 大学卒業後、就職し、36歳で脱サラしてから今日までのことを語っている。


●6月2日(土) 大徳寺をぶらぶら

 ひさしぶりに大徳寺をまわる。芳春院(特別公開)→大仙院→瑞峯院→龍源院→興臨院(特別公開)。
 高桐院は修復中で来年3月まで拝観謝絶。大仙院は相変わらず商売上手。
 興臨院の受付の女性に「湯だくさん茶くれん寺(浄土院)」を教えてもらったが、北野天満宮のほうなので、面倒になり断念する。
 京都奈良は修学旅行真っ盛り。


●6月1日(金) 大阪〜奈良〜京都

 大阪の乙画廊、髑髏の中の髑髏展を見る。
 難波から近鉄で奈良へ。奈良国立博物館の「春日大社」展。
 大仏から二月堂、法華堂を見て、春日大社まで歩く。

 奈良から京都に着いたのは、午後7時ちょっと前。
 西本願寺のそばの京都東急ホテルに泊まる。
 


●5月30日(水) エヴィルデヴィル展

 銀座ヴァニラ画廊の「エヴィルデヴィル展」を見る。
 ジョン・W・ゲイシー、エド・ゲイン、マンソンなどシリアルキラー・コレクション。
 楳図かずお、水木しげるなどの原画。ゲイシーのピエロを見逃した人はぜひ。
 コレクター氏がいたので、しばらく話す。
 5/30(水)〜7/1(日)。12〜19時。入場料1700円(会場限定パンフレット付)。


●5月24日(木)

『異人たちの館』(文春文庫)、増刷。5刷目。


●5月22日(火) 嶋根幸延展〜東京大仏

 成増からバスで赤塚植物園へ。
 園内のギャラリーで嶋根幸延展。トリックアートを中心に。
 嶋根さんと東京大仏を見る。


●5月18日(金) 戸川安宣さん

 今週発売の『週刊文春』(5/24号)。「新・家の履歴書」は東京創元社前社長の戸川安宣さん。
 大学2年か3年の頃だったか、私と北村薫さん、九州大学ミステリ研の3人で戸川さん宅(見取り図あり)に泊まったことがある。
 当時、戸川さんは創元の新人社員。自慢の書庫は見せてもらえなかった。


●5月17日(木) 乱歩先生とわたし展

 池袋東武で「乱歩先生とわたし」展。
 北見隆、木原未沙紀、桑原聖美、清水真理、城芽ハヤト、新宅和音、須川まきこ、高田美苗、建石修志、
 ひらいたかこ、深瀬優子、古屋亜見子、矢吹申彦、吉田光彦。
 気になるのが2点。


●5月13日(日) デビューまる30年

 1988年の5月13日、『五つの棺』が東京創元社から発売された。
 それから、今日でちょうど30年。


●5月11日(金) 『鬼面村の殺人』新装版、発売


 『鬼面村の殺人』の新装版が、9日に発売。

 改訂にあたり、かなりの修正を加える。
 定価680円。

←表紙イラスト、影山徹。












●4月5日(木) 本屋大賞の「超発掘本」


 今年の「本屋大賞」の発掘部門で、私の『異人たちの館』(文春文庫)が「超発掘本!」に選ばれ、「超びっくり」。

 私はちょっと困惑気味だが、この小説にとってはよかったかなと思う。

 推薦してくれた樋口麻衣さん(勝木書店本店/福井市)のコメント









⇒⇒